“BTS(防弾少年団)ら所属”HYBE、音楽ミュージアムHYBE INSIGHTを本日オープン…所属アーティストの軌跡をたどる

Newsen |

写真=HYBE
HYBEの音楽ミュージアムHYBE INSIGHTがオープンする。

5月14日に開館するHYBE INSIGHTは、「We believe in Music」というHYBEのミッションの下で、「音楽で感動を与えて、善良な影響力を分け合って人生の変化を作っていく」という企業理念が表れているマルチカルチャースペースだ。HYBEのアーティストとファンが音楽を通して触れ合う空間であり、音楽を愛する誰もが楽しめるように設計されている。

ソウル龍山(ヨンサン)区の「HYBE龍山」の地下1~2階(延べ面積4,701平方メートル)にあるHYBE INSIGHTは、さまざまな形の展示を通じてHYBEの音楽に関する考えを表現した。観覧客は、HYBEの音楽をさまざまな感覚で体験して音楽が伝えるパワーを感じることができる。

HYBE INSIGHTの入り口がある地下2階は、「HYBEの音楽」をテーマに構成された展示空間だ。HYBEの音楽を音(Sound)、踊り(Movement)、ストーリー(Story)という3つのキーワードをコンテンツで再解釈した。

地下2階には音楽を作るためにさまざまな試みと挑戦を繰り返すHYBE Labelsのプロデューサーたちのストーリーを紹介する「イノベーティブ・サウンド(Innovative Sound)」、音楽を表現する手段としてダンスを新しい観点で解釈した「ダイナミック・ムーブメント(Dynamic Movement)」、音楽に付与された固有のストーリーと共に音楽と歌詞の緊密な連結性を見ることができる「インスピアリング・ストーリー(Inspiring Story)」の空間が次々と繰り広げられる。

また、地下1階は「HYBEの音楽が伝える力」をテーマに、音楽を視覚、嗅覚、触覚など、さまざまな感覚を通じて経験することができる空間が設けられた。振動と点字の楽譜、香り、ネオンライトなどを活用して音楽を体で感じ、想像力を刺激するインスピレーションの空間である「別の方法で聞く(Ways of Listening)」、アーティストの内面が収められた肖像を展示した「私たちが愛する顔(Faces of Music)」、音の響きをお互いに異なる方式で解釈した空間で音楽の大切さを感じる「音楽の余韻(Resonance)」、音楽の力に関するアーティストの率直なインタビューが上映される映像館「ミュージック・イズ・マイ・ライフ(Music is My Life)」などが代表的だ。

地下1~2階を繋げて作った「HYBE Music」は、HYBE INSIGHTのハイライト空間ともいえる。高さ8.5mの大型トロフィーウォールと大型スクリーンで上映される映像を通じて、HYBEとアーティストたちの努力で成し遂げた足跡と成果に光を当てる。

HYBE INSIGHTは、開館を記念して世界的に注目されるアーティストであり、幻想的なビジュアルアートで有名なジェームズ・ジーン(James Jean)の初の企画展示である「7人の少年の慰め(SEVEN PHASES)」を披露する。

地下1階にある展示空間で、BTS(防弾少年団)をモチーフにした作品「Garden」を確認することができる。ジェームズ・ジーンはこの作品で、率直な音楽を通じて同時代を生きていく人々を慰めるBTSを、特有の幻想的で夢幻的な解釈で表現した。その他にもBTSのメンバーたちの特徴を生かしたキャラクターでデザインした木工造形物、スケッチとドローイング作品、ジェームズ・ジーンの前作も一緒に展示される。

HYBE INSIGHTは今後、HYBE LabelsのアーティストのIPをもとにさまざまな芸術ジャンルとコラボした企画展示を定期的に披露する予定だ。

事前予約と観覧はもちろん、利用方式にも多様で差別化されたデジタル要素を積極的に取り入れた。事前の観覧予約は、公式サイトとモバイルアプリを通じて受け付けている。観覧客が希望する日付と時間帯を選択して決済すれば、観覧当日にモバイルアプリで生成されるQRコード入りのモバイル入場券が発行され、ミュージアムへの入場の際に体温測定後にQRコードをかざして入場することができる。

HYBE INSIGHTは、アーティストの音声で作品の解説を聞く「アーティスト・ドーセント(Artist Docent)」サービスも提供する。観覧客は誰でもモバイルアプリで自身が選択したアーティストの声で、作品説明を聞くことができ、アーティストと一緒に展示室を観覧しているような経験をすることができる。そのほかにも、モバイルアプリを通じて一部の展示空間でアイテム(エッグタルト)を探すAR(拡張現実)ミニゲームも楽しむことができる。

HYBE INSIGHTはさまざまな企業とのパートナーシップを通じて、より一層豊富なコンテンツと空間を完成した。現場の運営クルーのユニフォームは、グローバルブランド「Juun.J」とのコラボで制作され、サムスン電子は観覧客の展示体験のためにモバイル機器とディスプレイを支援している。

ミュージアムショップも運営される。HYBE INSIGHTのコンテンツを収めた「Merch」をはじめ、アーティストたちの衣装や小物に新たな価値を付与して作った公式グッズを披露するアップサイクリング・ラボ(Upcycling Lab)だ。このミュージアムショップで販売されるバング&ベイカーズ(Bang&Baker's)エッグタルトは、HYBEが70年伝統の製パン専門食品会社のSPCサムリプとコラボし、スペシャルブレンデッドティー(Tea)飲料はプレミアムティーブランドのTeatraと一緒に開発した。タルトの上に小さな紙の形で載せられたキャラクターは、BTSのジョングクがBTSのコンテンツ「走れ防弾」で、HYBEのパン・シヒョク議長の顔を形象化して描いたものだ。

HYBE INSIGHTは、「HYBE INSIGHTはHYBEとアーティスト、ファンたちが一緒に作ったHYBEの音楽的な軌跡に光を当て、これまでになかった新しい方式で音楽を鑑賞することができるミュージアムだ」とし、「音楽を媒介に、アーティストとファンが交流し、音楽的な経験を拡大していく特別な空間になるだろう」と説明した。

・HYBE、5月14日にミュージアム「HYBE INSIGHT」をオープン!所属アーティストの音楽ストーリーに注目

・“BTS(防弾少年団)ら所属”Big Hitエンターテインメント、本日(22日)新社屋に移転! 一般公開の施設も

記者 : ファン・ヘジン