チョン・ソミン&キム・ジソク主演、新ドラマ「月刊家」韓国で6月16日に放送開始!ポスターを公開

MYDAILY |

写真=JTBC
総合編成チャンネルJTBCの新水木ドラマ「月刊家」(脚本:ミョン・スヒョン、演出:イ・チャンミン)が6月16日に初放送を確定し、心ときめくポスターを電撃公開した。

「月刊家」は、家を買う(buy)男と、家に住んでいる(live)女性の“マイホームロマンス”を描いたドラマだ。27日に公開された予告ポスターを通じてチョン・ソミンとキム・ジソクのツーショットがついにベールを脱いだ。温かい春の風が吹いてくるこの季節、2人を囲んでいるときめきが視聴者の期待を信頼に変える。

リビング月刊誌「家」のエディターであるナ・ヨンウォン(チョン・ソミン)と「家」の代表ユ・ジャソン(キム・ジソク)が眩しい日差しが降り注ぐある日、開かれた窓から姿を現した。幸せそうに微笑んでいるヨンウォンと、そんな彼女を優しい眼差しで見つめているジャソン。2人の間には少し距離があるものの、ときめきでいっぱいだ。

三角屋根と緑の木々、多くの現代人が抱いているはずの“ファンタジー”を実現した家のヨンウォンとジャソンを見て、“家”に対する相反する考え方を持つ2人がどうやってお互いの日常に溶け込んでいくのか、興味をそそる。ヨンウォンにとって家(Home)は自分でいられる場所である一方、ジャソンにとって家(House)は財産を増やすただの手段であり、仮眠する所だ。ごく現実的な題材で、2人がお互いの距離を縮めていき、完成させるラブストーリーは本作の最大の見どころでもある。

心をときめかせる予告ポスターを公開した「月刊家」の制作陣は「チョン・ソミンとキム・ジソクがそれぞれのキャラクターのカラーを保ちつつ、配慮し合って撮影に臨んでくれ、一本の絵画のような美しいイメージに仕上がった」とし、「マイホームで絡み合った2人の物語が始まる初回放送まで、期待と関心を寄せてほしい」と伝えた。

「月刊家」は「ウラチャチャワイキキ」シーズン1とシーズン2をヒットに導いたイ・チャンミンプロデューサーが演出を、「ブッとび!ヨンエさん」「おひとりさま~一人酒男女」で独特な設定と共感できるストーリーで好評を得た脚本家のミョン・スヒョンが執筆を務め、最高の相乗効果を予告した。

「月刊家」は6月16日夜9時より韓国で放送スタートする。

記者 : チョン・ジヒョン