シン・ハギュン&チョン・ソミンが贈るヒーリングストーリー!韓国初の精神科専門医ドラマ「霊魂修繕工」Amazon Prime Videoで独占配信スタート

Kstyle | |PR

Amazon Prime Videoで5月1日より、シン・ハギュンとチョン・ソミン主演の韓国ドラマ「霊魂修繕工」の独占配信がスタートする。韓国KBSにて去年5月に放送され、ヒーリングドラマとして好評を博した「霊魂修繕工」は、社会生活で受けるストレス、受験戦争によるプレッシャー、事故や震災で受けたPTSDなど、心の病を抱える人が多い現代において、心の病にもっと耳を傾けてほしい、心の病にかかった人に対する理解を深めてほしいというという意図で制作された。これまでに精神疾患からの回復をドラマチックに描いてきた作品は多いが、「霊魂修繕工」は精神科医師たちと患者たちの奮闘をリアルに描いた韓国初の精神科専門医のドラマだ。


◆シンクロ率100%!シン・ハギュンを想定して作られたキャラクター

シン・ハギュンが扮するのは、常に患者を第一に考える温かい精神科助教授イ・シジュン。心の病気の人を“治療”するのではなく“治癒”することを信じるシジュンは、「霊魂修繕工」というネット配信を通じて、精神を患う人たちへの理解を世に広めているが、実は自身も大きなトラウマを抱えている。脚本家のイ・ヒャンヒが、企画当初からシン・ハギュンを想定してキャラクターを作ったというだけに、優しさの中にも強い信念を持ち、常に患者に寄り添い、時には自らの心の弱みもさらけ出す人間味あふれるシジュンをシン・ハギュンがシンクロ率100%で演じ、患者に向ける温かいまなざしに癒されること間違いなしだ。

シジュンの元にはさまざまな患者が訪れる。自分を警察官だとの妄想を抱く青年。火災で多くの人の死を目の当たりにして心的外傷後ストレス障害(PTSD)となった消防士。過酷な勤務体制ゆえにパニック障害になった地下鉄運転手。精神的なストレスからチック症を発症した議員……などなど。精神健康医学医師と患者を直接会って得た実際の事例をもとに作られたエピソードの数々はどれも考えさせられるものばかりで、シジュンがどのようにして心の病から彼らを救い出すかも大きな見どころだ。


◆たしかな演技力で難役に挑戦!チョン・ソミンにも注目

その患者の中の1人が、チョン・ソミン扮する怒りを抑えらない間欠性爆発性障がいを抱えるミュージカル女優ハン・ウジュだ。根はやさしくピュアだが、すぐにかんしゃくをおこしてはわめきちらし、思い込みが激しいゆえに周囲を巻き込むこともしばしば。序盤は愛すべきヒロインとは言い難いウジュだが、シジュンとの出会いが彼女を変えていく。シジュンが提案した演劇療法(演劇の手法を用いて患者の情動機能と認知機能を回復に向かわせる療法)の手助けをすることになったウジュはやりがいを見出し、シジュンを愛することで自らの病に積極的に向き合うようになる。心の治癒は全16話をかけてゆっくりと描かれ、健気に自分を変えようと努力するウジュがだんだんと愛しく思えてくる。感情の起伏が激しい難役だが、ほんわかした雰囲気とたしかな演技力、高い好感度を持つチョン・ソミンだからこそ成し遂げたといっても過言ではないだろう。

またシジュンの大学時代からの親友2人にも注目。パク・イェジン扮する精神健康医学院長ヨンウォンは、ある理由から自分の患者であったウジュをシジュンに任せた人物。秘かにシジュンに片思いしているため、ウジュとの思わぬ急接近を知ると嫉妬を覚えるも、あくまでも公私混同せずにウジュに接する姿がガールズクラッシュでカッコイイ。テ・インホ扮する同僚のドンヒョクは、シジュンの良き理解者である一方で、なにかと比較されてコンプレックを抱いているが、自分よりもシジュンの治療法が優れているとなれば素直に認めるダンディガイ。精神科医という特性からか、お互いについて多くは語らないが、心の深いところで支え合っている3人の友情にも胸が熱くなる。

ウジュの親友ジソンと、シジュンを尊敬してやまないレジデントのウジョンのほんわかした恋愛も癒しのひとつ。医師たちの行きつけの食堂の店主であるジソンは、ウジュが感情的になって物を壊したり暴言を吐いても愛想をつかすことなく、時には厳しい言葉でウジュの悪い部分を指摘してくれる。そんな彼女の心の美しさに惹かれるのが塩顔イケメンのウジョン。過酷な仕事で日々プレッシャーを抱えるウジョンがジソンの食堂をたびたび訪れ、たわいのない会話をしながら癒されていくシーンは、この作品の清涼剤となっている。ジソン役のチュ・ミンギョンは「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」でソン・イェジンの同僚役を、ウジョン役のアン・ドングは「風が吹く」でカム・ウソンの青年時代を演じて注目を集めた新鋭で、これからの活躍が期待される。


◆豪華カメオ出演も話題に

また、シン・ハギュンと「ブレイン」で共演した縁でイ・ソンミンが第2話にカメオ出演。リュ・シウォンがプロデューサーとの縁で第13話にカメオ出演し、8年ぶりのドラマ復帰を果たしたことも大きな話題を集めた。

日本でも韓国でも30代の死因の1位は自殺。若くて命を絶った人たちの遺族は「なぜ苦しみに気がついてあげられなかったのか」「悩んでいたのは知っていたが、たいしたことはないと思っていた」と後悔するという。そんな後悔をしないように、心の病を持つ人の痛みに耳を傾けること。そして、自分の心の悲鳴にも耳を傾けることの大切さを教えてくれるドラマ「霊魂修繕工」。Amazonプライムの会員であれば、追加料金なしで視聴可能。この機会に、あなたも自分の心の声に耳を傾けてみては?

取材:安部裕子

■配信概要
ドラマ「霊魂修繕工」
5月1日(土)よりAmazon Prime Videoで独占配信スタート

出演者 シン・ハギュン、チョン・ソミン、テ・インホほか

<ストーリー>
ミュージカル女優のウジュ(チョン・ソミン)は怒りを抑えられない間欠性爆発性障がいを抱え、たびたび問題を起こしていた。自身の感情に悩みつつも、患者扱いされるのを嫌い治療に前向きになれずにいるのだった。そんな中ミュージカル大賞が開かれ、ウジュは新人賞を受賞。だが登壇した瞬間ステージに警察官の姿をした男が現れ、ウジュを飲酒運転で逮捕する。男は自身を警察官と信じている精神疾患患者だった。担当医師のシジュン(シン・ハギュン)が駆けつけ事なきを得るが、ウジュは世間に飲酒運転の疑いをかけられたうえ彼氏にも裏切られ、出演予定だったミュージカルも白紙になってしまう。怒り狂うウジュの姿を見たシジュンは彼女を心配し、演劇療法の手伝いをしてくれないかと持ちかける。こうしてウジュは演技で患者の手助けをするうち、自身の精神疾患とも向き合うようになる。そんな中、患者を尊重しすぎるシジュンの治療方針が問題になり、シジュンは上から目をつけられてしまう。シジュンを心配するウジュだったが、何故かシジュンはそっけない態度をとる。実はシジュンが患者に共感するのにはある理由があるのだった。患者の傷を癒そうと日々奔走するシジュンだが、自分の心の傷は癒やすことが出来ずにいて……。

【視聴方法】
月会費500円または年会費4900円でAmazonプライム会員に登録すると会員特典として視聴可能

URL:https://lin.ee/BCRL1g5/yfsz/news/0501

記者 : Kstyle編集部