「こんにちは?私だよ!」チェ・ガンヒ、過去の自分が目の前に現れた理由を知り涙

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「こんにちは?私だよ!」キャプチャー
「こんにちは?私だよ!」のハニ(チェ・ガンヒ)が、20年前の自分自身であるハニ(イレ)が召喚された理由に、父親の深い愛があったことに気づいて涙を見せた。

7日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「こんにちは?私だよ!」では、37歳のハニが旧型携帯電話を通じて父親のギテ(キム・ビョンチュン)の「道を探して」というメッセージを聞き、17歳のハニが自身の前に現れた理由を知った。

この日、17歳のハニは納骨堂に行く母親の後を追った末に、父親が20年前に亡くなったという事実を知って苦しんだ。オーディション現場に行こうとしたハニに車が突っ込む事故があり、これを自らの体で防いだ父親によって悲劇が始まったという事実は、17歳の彼女に罪悪感を持たせた。

しかしこの時、37歳のハニと母親オクジョン(ユン・ボクイン)が見せた反応は過去とは違った。母親は17歳のハニに「お父さんはあなたのせいで死んだのではなく、あなたを守ったのよ」と言い、「お母さんも同じ事故を目の前にしたら、お父さんのように行動したはずだわ」という言葉で、父親の死の意味を明確にした。これと共に20年前にもこのように言うべきだったと、当時は父親の死という心の傷から逃げようと、ハニを抱きしめてあげられなかったと伝えた。時間はかかったが、苦しみの中でお互いを支え合う家族の姿が視聴者に感動を与えた。

37歳のハニも、17歳のハニがなぜ自分の前に登場したのかを知り、気持ちを告白した。37歳のハニは、ここ20年間厳しい人生を生きてきた自分を見て「天国でも胸を痛めていたお父さんが、私たちを結んでくれたのだ」と、娘がどれだけ素晴らしい人なのかを知らせようとした父親の熱い愛に涙を見せた。

2人のハニの出会いの理由が明かされて家族も仲直りしたが、17歳のハニを狙う危険は相変わらず続いていた。これまで17歳のハニを盾のように守ってくれたお守りが黒く焼け始めて警告のレベルを高めたことはもちろん、祖母のホンニョン(キム・ヨンリム)が17歳のハニの代わりに病気が悪化するなど、安心できない状況が繰り返された。

シャーマンのジョブス坊ちゃん(イ・キュヒョン)は17歳のハニの旧型携帯電話に書かれている予定を見て、早く17歳のハニが自分の場所に戻らないといけないと強調した。これに37歳のハニは「戻る道を探さないと」という父親の言葉を思い出して、もしかして父親と一緒に過ごした思い出が盛り込まれた家族写真にヒントがあるのではないかと推測し、この過程で予期せぬ縁を発見して注目を集めた

幼少時代に母親を失ったユヒョン(キム・ヨングァン)が怖くて泣いている時、ハニの父親ギテが笑顔でユヒョンを見つめる過去のシーンと共に、ハニとギテの写真を見て深刻な表情で「この方がお父さんですか?」と聞くユヒョンの態度が、事件の手がかりを探すことができるか好奇心を刺激した。

このような状況で、代表取締役の解任の件を巡って激突したチョア製菓の株主総会の結果も公開されて視線を引き付けた。ハン専務(ペク・ヒョンジュ)の主導とドユン(チ・スンヒョン)の積極的なサポートで勝ったように見えた代表取締役の解任の件が、結局否決された。この過程で母親であるハン専務を止めるため、ドユンの静かな動きと犠牲があったことが明らかになって、ハン会長(ユン・ジュサン)をはじめユヒョンの心まで痛めた。

いじめの加害者という疑惑で崖っぷちに立たされたソニ(ウム・ムンソク)も、自分の行動に責任を負う大胆な選択を敢行して関心を集めた。再起を目の前にして提起された疑惑の前で、状況を打破するために記者会見を開催したソニは、公の場で自身に関するのすべてのいじめ疑惑を認め、芸能界を引退すると宣言して謝罪した。

特にこのような選択はソニが記者会見直前に会った37歳のハニを通じて、過去と直面する勇気を得て下した結論で、表面的には失敗したように見えるが、内面は以前とは比較できないほど成長したことを意味して注目を集めた。

「こんにちは?私だよ!」は最終回までたった1話だけ残っている状況で、元の位置に戻らないといけない17歳のハニと、自分を過去に帰らせる37歳のハニの熱い別れを描くことで幕を下ろす予定だ。

これまで視聴者から爆発的な支持を受けた「こんにちは?私だよ!」は、第2部の視聴率が全国基準4.2%を達成して水木ドラマの中で、視聴率1位を記録した。心を込めたメッセージと感動的なセリフで関心を集めた「こんにちは?私だよ!」の最終回に期待感が高まっている。

「こんにちは?私だよ!」は韓国で8日の午後9時30分に最終回が放送される。

記者 : カン・ダユン