パク・ヘス&NCT ジェヒョン出演、新ドラマ「Dear.M」スチールカットを公開…仲睦まじい雰囲気に注目

OSEN |

写真=KBS 2TV「Dear.M」
パク・ヘスとNCTのジェヒョンが、仲良しケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露する。

2月26日の夜11時10分に放送がスタートするKBS 2TV特別企画金曜ドラマ「Dear.M」は、ソヨン大学を騒然とさせたオンラインコミュニティの投稿者“M”を探しながら、ロマンチックな推理を繰り広げる青春ロマンスドラマだ。

パク・ヘスは母胎ソロ(生まれてから一度も恋愛経験がない人)で“善良なお世話好き”というニックネームを持つほど、他人によく気を配って周りの雰囲気を明るくする経営学科2年のマ・ジュア役に扮する。「Dear.M」を通じて初めて演技に挑戦するジェヒョンは、最高のコーディング実力を持つコンピュータ工学科2年の成績トップで、賢いがどこか抜けている魅力的なチャ・ミンホに扮して、ナムサチン(ただの男友達)のお手本を見せる。

特に、劇中でマ・ジュア(パク・ヘス)とチャ・ミンホ(ジェヒョン)は、お互いを“悪魔ジュア”“ミンホグ(カモ) “と呼ぶほどいがみ合うのが日常の12年来の親友だ。12年の付き合いで、お互いについて知らないことのない2人の友情が、多くの人々のヨサチン(ただの女友達)&ナムサチンのロマンスを現実的に描き出す。

また、12年という長い時間ほど相手に気を配ることに慣れていて、言わなくても本能的に相手の気分を把握する自然な様子など、12年来の親友だからこそ可能な2人の行動が、視聴者にときめきを与える。

そのため2人の友情とときめきを伝えるパク・ヘスとジェヒョンは、どうすればキャラクターのケミを見せることができるか悩んで、お互いに意見を合わせて一生懸命に準備したという。このような2人の努力は完璧な相乗効果を生み出し、ドラマを引っ張っていったということで、「Dear.M」に対する好奇心を刺激している。

これに対してパク・ヘスは、「肯定やエネルギー部門で、すでに100点だ。(ジェヒョンは)グループのスケジュールと演技のスケジュールを並行しながら大変だったはずなのに、一度もそれを顔に出したことがなく、いつも明るく元気いっぱいだった。良いエネルギーをたくさんもらった」とし、2人の相乗効果を期待させている。ジェヒョンも「リハーサルをしながらも、どのようにすればもっとリアルに演じられるかについて相談して、助言もたくさん聞いた。お互いにベストを尽くしたので、パク・ヘスさんとの呼吸は100点満点だ」と伝え、2人が披露する親友ケミに対する期待を集めた。

KBS 2TV特別企画金曜ドラマ「Dear.M」は、2月26日(金)の夜11時10分に初放送される。

記者 : チ・ミンギョン