パク・ソジュン&IU&シン・セギョンら、動画も大人気!YouTubeチャンネル登録者数100万人を達成したスターたち

@STYLE |

写真=IU&パク・ソジュン Instagram

スターたちがYouTubeチャンネルを開設し、活動の幅を広げている。YouTubeがホットなプラットフォームであるだけに、多くの芸能人がチャンネルを開設してファンと積極的にコミュニケーションし、親近感を高めている。その中でもスケジュールのビハインドやVlog(ブイログ:Video+Blog)など、様々なコンテンツで率直でユニークな魅力を披露し、人気を博しているスターらがいる。彼らはチャンネル登録者数100万人を達成すれば与えられる「ゴールドボタン」の主人公になって人気の高さを証明した。

TV朝鮮「ミスタートロット」でホットなスターになったイム・ヨンウン。彼の人気の高さはYouTubeチャンネルからも実感できる。2011年12月、新人歌手だった頃、チャンネル「I'm HERO」を開設した彼は、開設から9年でゴールドボタンを獲得した。あまり注目されなかった「I'm HERO」は、彼がTV朝鮮「ミスタートロット」を通じて人気を博したことで、昨年上旬からチャンネル登録者数が急速に増加した。彼は10月中旬、ついにチャンネル登録者数が100万人を超え、ゴールドボタンを手にした。彼は「I'm HERO」チャンネルに公演の映像とカバー映像を掲載し、様々なトロット(韓国の演歌)曲を聴かせている。また、番組や練習室の映像、広告現場のスケッチなど、様々な見どころでファンを楽しませている。

パク・ソジュンが韓国の俳優の中では初めて、YouTubeチャンネル登録者数が100万人を突破した。2019年7月にファンの声援に応えるため、「Record PARK's」というチャンネルを開設した彼は、開設から1日で登録者数が10万人を超え、人気を博した。彼は「Record PARK's」でロケ地のビハインド、Vlogなど様々な姿を公開し、Q&Aを行ってファンとさらに近くでコミュニケーションした。また神秘主義という俳優の職業の限界を越え、アイドルに劣らないほど精力的にコミュニケーションしている。チャンネル開設から1年も経たないうちにゴールドボタンを獲得したパク・ソジュンは映像を編集するスタッフに感謝し、ファンと共にアンボクシングを行った。

最近、IUのYouTubeチャンネルが登録者数500万人を突破し、大人気のチャンネルとなっている。2017年2月に初の映像を掲載し、イ・ジグムというチャンネルを開設してから約2年で100万人を突破した。甘い音楽の映像はもちろん、チャンネルの花とも呼ばれる「IU TV」を通じて可愛らしい魅力溢れる実際の性格も垣間見ることができる。最近では、仮面を被った実弟が出演し、インタビューを行う斬新なコンテンツを届け、ファンから「さすがIU」と好評を博した。

些細な日常を分かち合うシン・セギョンのYouTubeチャンネルは、開設から2年でチャンネル登録者数100万人を突破した。2018年9月、愛犬の名前(シン・ジングク)を用いたYouTubeチャンネル「sjkuksee」を開設し、彼女が直接撮影・編集するVlog活動を始めた。作品やCMだけで見てきたシン・セギョンは、本当の姿がより魅力的な女優だった。料理と展示会の鑑賞を楽しみ、愛犬への愛情がにじみ出る彼女の日常は、人々を微笑ませた。特に、映像に挿入される静かなナレーションは、彼女特有の温かさが伝えられ、チャンネル登録者に癒しになった。最近ではネットユーザーが「sjkuksee」に、MBC「明日に向かってハイキック」をパロディしたウィットに富んだコメントを掲載し、楽しさを与えた。シン・セギョンはPPL(間接広告:テレビ番組、映画&映像に特定会社の商品を小道具として登場させること)の提案を拒否し、チャンネルの収益金を低所得層に寄付する善行を行った。

2019年6月、YouTubeチャンネル「私はイ・ヘリ」を開設したGirl's Dayのヘリ。開設から1年半でチャンネル登録者数が100万人を突破した。彼女はtvNドラマ「応答せよ1988」とバラエティ番組「驚きの土曜日-ドレミマーケット」で明るく可愛い姿を披露し、愛された。彼女だけのモクバン(食べる番組)をはじめ、旅行、ピラティス、ショッピングなど多様な日常をそのまま公開し、ネットユーザーから注目を浴びた。特にBLACKPINKのロゼと仲良く撮ったデート映像は、再生回数700万回を突破している。最近、ゴールドボタンの主人公になったヘリが公開するアンボクシング映像に期待が高まっている。

記者 : イ・ソジョン