Car the garden、ドラマ「女神降臨」OSTに参加…1月7日にリリース

Newsen |

写真=ドゥルドゥルアーティストカンパニー、Stone Music Entertainment
シンガーソングライターCar the gardenが「女神降臨」のOST(挿入歌)に参加する。

「女神降臨」は「7日午後6時に3曲目のOSTとなるCar the gardenの『Happy Enging』を発売する」と明らかにした。

「Happy Enging」はユニークなギターリフと、どっしりとしたベースサウンドにCar the gardenの温かくて繊細な歌声が合わさったアコースティックポップスタイルの楽曲だ。また、劇中でイム・ジュギョン(ムン・ガヨン)とイ・スホ(ASTRO チャ・ウヌ)の複雑な恋の感情を表現している。

「女神降臨」は最近、お互いが持つ傷を共有して慰める心温まるストーリーと、深い余韻を残すラブラインなどで話題を集めている。特にムン・ガヨンとチャ・ウヌは華やかなビジュアルケミ(ケミストリー、相手との相性)で視聴者たちの視線を掴むのはもちろん、リアルな演技を通じて暖かいながらもゾクゾクとするときめきを与えている。

この中で新OSTの歌唱を務めたCar the gardenは、劇中のムン・ガヨン、チャ・ウヌの率直な感情を叙情的ながらも魅力的な音色でより一層美しく描いた。主演俳優たちの恋模様が好反応を得ているだけに、彼の声で完成した新OSTも、感動を最大限に引き上げるものとみられる。

「女神降臨」は外見に対するコンプレックスを持っていたが、メイクによって女神になったジュギョンと、心に傷を抱えるスホが出会い、お互いの秘密を共有して成長していく“プライド回復ラブコメディー”だ。韓国で毎週水・木曜日の午後10時30分に放送されている。

記者 : パク・スイン