「オ!サムグァンビラ」ハン・ボルム、チン・ギジュに意地悪な態度“濡れ衣を晴らして…”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「オ!サムグァンビラ」放送画面キャプチャー
ハン・ボルムが、チン・ギジュとファン・シネの姿を見て意地悪になった。

17日に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「オ!サムグァンビラ」では、意地悪なチャン・ソア(ハン・ボルム)の姿が描かれた。

キム・ジョンウォン(ファン・シネ)から「良い人だから」と言われたイ・ビッチェウン(チン・ギジュ)は、気分が良かった。翌日、出勤途中に会った2人は、「言い残した話がある」とティータイムをすることに。

ジョンウォンは「先に電話で謝罪して申し訳ない」ともう一度謝罪した。これに対し、ビッチェウンは「良い人だと言ってくれて嬉しかった」と話し、2人は笑いながら話を続けた。この様子を見たソアは「お母さんが笑っている」と言って悔しがった。

その後、ソアはビッチェウンに「濡れ衣も晴らせて、生き甲斐ができたみたいね」と意地悪を言った。ビッチェウンは「同窓タイムみたいだから気楽に話すね。私はあの件の濡れ衣が晴れて、生き甲斐を感じるほどで終わらせたくない。青少年期を揺るがしたある意味、人生を変えた事件だった。遠回りしてきたけど、一生懸命生きてきたから、こんなに淡々とできるみたい。あなたが悪い人ではないということは知っている。あなたと仲良くしてみたい」と話した。

これに対しソアは「そうね、もともと私たちはあまりにも合わない相性だ。社員への転換は徹底的に実力で行う」と述べた後、ジョンウォンのところへ行って甘えた。

記者 : チャン・ウヨン