カン・ハヌル&キム・ソヒョン主演、ドラマ「月が浮かぶ川」出演者がコロナ陽性判定“濃厚接触者やスタッフらは全員陰性”

Newsen |

写真=各事務所
ドラマ「月が浮かぶ川」チームに新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者が発生したが、接触した全ての人が検査を受けた結果、陰性判定を受けた。

新しいドラマ「月が浮かぶ川」の関係者は24日、Newsenに「新型コロナウイルス検査の結果が出た。出演者Aさんが感染者であることが分かったが、Aさんの濃厚接触者10人をはじめ、念のため自主的に検査を受けたスタッフも全員陰性だった」と明らかにした。

関係者は「撮影再開の日付はまだ決まっておらず、現在スケジュールの調整が必要だ」とし「スケジュールを調整した後、撮影を再開する計画だ」と伝えた。

これに先立ち、「月が浮かぶ川」は出演者Aさんが別のドラマの撮影現場で新型コロナウイルスの感染者と接触し、濃厚接触者とみなされた後、撮影チームをすべて解散させ、濃厚接触者全員を自宅隔離することにした。

「月が浮かぶ川」は高句麗の太王を目指してオンダルの心を利用したピョンガンと、犠牲になったオンダルの切ないラブストーリーを描いた作品だ。カン・ハヌル、キム・ソヒョン、ジス、イ・ジフン、チェ・ユファ、ワン・ビンナ、イ・ヘヨン、キム・ボプレ、ファン・ヨンヒなどが出演し、撮影を行っている。編成は未定で、韓国で来年上半期に放送される予定だ。

出演者の新型コロナウイルス感染により、SBSドラマ「朝鮮駆魔師」、MBNドラマ「ポッサム-運命を盗む」、JTBCドラマ「シーシュポス:the myth」なども撮影を中止した。

記者 : パク・アルム