「私生活」少女時代 ソヒョン、コ・ギョンピョの殺人を疑う“正直に言ってください”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「私生活」 放送画面キャプチャー
仲直りしたチャ・ジュウン(少女時代のソヒョン)とイ・ジョンファン(コ・ギョンピョ)が、再び危機を迎えた。

韓国で18日に放送されたJTBC水木ドラマ「私生活」第13話では、秘密帳簿の主人公であるチェ会長の運転手のチョン・ヒョンチョルが焼身自殺した事件をめぐって、チャ・ジュウンとイ・ジョンファンの間に亀裂が生じた。

前回の放送で、ジョンファンは刑事のキム・ミョンヒョン(イ・ハクジュ)に正体を明かしてまで事件の調査を頼んだ。しかし、ミョンヒョンは証言を覆したチョン・ヒョンチョルが2年後に大手教会財団の理事になって登場し、その後焼身自殺した事件を調べれば調べるほど疑問が強くなった。何より「この事件を、水面上に引き上げないと」と主張するジョンファンの意図は読めないままだった。焼身自殺は、交通事故による火災で自身の死亡を捏造したジョンファンの事件とどこか似ていた。ミョンヒョンが「チョン・ヒョンチョルは、死んでいないですよね?」と疑う理由でもあった。

ジュウンも、ハンソン(テ・ウォンソク)からジョンファンがGKの手先だった時代、チョン・ヒョンチョルの私生活を監視していたという話を聞いて彼を疑い始めた。彼のパソコンから見つけたチョン・ヒョンチョル関連のファイルには、24時間を監視していた記録だけでなく、自殺を捏造した内容もあった。それは、ジュウンの父であるチャ・ヒョンテ(パク・ソングン)が“牧師役”にキャスティングされ、刑務所にまで行ったドキュメンタリー(詐欺劇の意)の教会財団の理事がチョン・ヒョンチョルであるという事実をジョンファンはすでに知っていたという意味だった。ジョンファンが彼の死亡に関連しているという疑念も妥当だった。その時、ジュウンは興信所に侵入した誰かに襲われ、パソコンのハードディスクを奪われた。ジュウンは血を流しながら気を失っていく中でも駆けつけたジョンファンに「正直に言ってください。ジョンファンさんが、チョン・ヒョンチョルを殺しましたか?」と質問した。答えを予測できないジョンファンの固まった表情が、視聴者に緊張感を与えた。

チョン・ヒョンチョルを探しているのは、ジュウンとジョンファンだけではなかった。キム・ジェウウク(キム・ヨンミン)とキム室長は、「泥水を作ってザリガニをとる」という、すなわち秘密帳簿の主要証人となるチョン・ヒョンチョルを捕まえるドキュメンタリー(詐欺劇)を企画した。弁護士のオ・ヒョンギョン(チャ・スヨン)は、GKの権力者である父のオ理事と自身が、以前クォン・ヒョクジャンを選んだとし、ジュウンとジョンファンの前に現れた。チョン・ボクギ(キム・ヒョジン)、キム・ジェウクそしてユ・ビョンジュン(ミン・ジオ)の秘密の会話を盗聴したファイルを、ジュウンたちの仲間になった証拠として提示した。それは、ジェウクがわざと第三者を通じてオ弁護士に渡したファイルだった。キム室長はミョンヒョンの刑事の後輩であるカン・スジン(イ・ユンソル)に興信所から、チョン・ヒョンチョルのファイルを持ってくるように指示した。ミョンヒョンに従っていると思われた彼女が、実はGKの手先であるという、新しい展開だった。

ボクギから脅迫されているジェウクは、反撃を準備していた。ボクギが単独でユ・ビョンジュンに近づき、キャンプに合流した理由は、近距離でジェウクを脅迫するための一環だった。「やめろ」という怖い警告があっても、「あなたに復讐しているの」と言ってやめなかった。さらにユ・ビョンジュンに秘密帳簿はGKが持っているという情報を流し、ジェウクとユ・ビョンジュンの悪縁も知っていると明かした。復讐をしてもおかしくない状況で、キングメーカーになっているジェウクが理解できないボクギに、彼は「俺に何の得もないから。俺の親が亡くなったのは、彼らが間抜けな選択をしたからだ」と言い、血も涙もない素顔を表した。ボクギは寂しい顔で「今まで私は誰を見ていたのかな? あなたの素顔、二度と出さないで」と最後の警告をした。2人の最後のキスには、これまでの歳月で積み重なった愛憎が込められていた。

記者 : パク・アルム