miss A出身スジからナム・ジュヒョクまで、新ドラマ「スタートアップ」主演4人が秋夕の挨拶“ドラマで会いましょう”

Newsen |

写真=tvN
新ドラマ「スタートアップ」側が、miss A出身のスジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソノ、カン・ハンナの秋夕(チュソク、韓国のお盆)の挨拶を公開した。

tvNの新土日ドラマ「スタートアップ」(演出:オ・チュンファン、脚本:パク・ヘリョン、企画:スタジオドラゴン、制作:ハイストーリー)は 韓国のシリコンバレー・サンドボックスで成功を夢見て、“スタートアップ”に飛び込んだ若者たちの始まり(START)と成長(UP)を描くドラマだ。

2020年の秋夕(チュソク)を迎えた中、「スタートアップ」の主演4人であるスジ(ソ・ダルミ役)、ナム・ジュヒョク(ナム・ドサン役)、キム・ソノ(ハン・ジピョン役)、カン・ハンナ(ウォン・インジェ役)が心温まるメッセージを伝えた。

まず、キラキラと輝く青春の初々しさをそのまま表現している4人のビジュアルが、見る人々を微笑ませる。スジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソノは「健康で」「安全な」「秋夕を過ごしてください」と書かれたパネルを持っている。またカン・ハンナは「10月17日の初放送で会いましょう」と書かれたパネルを持ち、笑顔を見せた。

主演4人の秋夕の挨拶は、視聴者の期待を高めるのに十分だった。逆転を夢見ながら“スタートアップ”に飛び込んだソ・ダルミ、サムサンテックの創業者であるナム・ドサンをはじめ、“投資界のゴードン・ラムゼイ”と呼ばれるハン・ジピョン、完璧なCEOウォン・インジェまで、個性的な4人が作品で見せるシナジー(相乗効果)に対する好奇心を刺激している。

「スタートアップ」は10月17日の午後9時に韓国で初放送される予定だ。

記者 : キム・ミョンミ