イム・シワン&シン・セギョン、ドラマスタッフの新型コロナ感染を受け検査へ…どちらも陰性判定「撮影の再開については未定」

Newsen |

写真=Newsen DB

JTBCの新ドラマ「ラン・オン」の撮影現場に新型コロナウイルス感染者が発生したことで、主演のイム・シワンとシン・セギョンも検査を受け、陰性判定が出たと発表した。

JTBC「ラン・オン」の関係者は28日、Newsenに「昨日検査を受けたイム・シワン、シン・セギョン、イ・ボンリョン、そして一部の撮影スタッフたちは本日陰性判定を受けた。残りのスタッフたちは順を追って検査を受けており、結果を待っている状態だ」と伝えた。

続けて「撮影の再開は、全スタッフの検査結果が出た後に検討する予定だ。今のところは、何も決まっていない」と付け加えた。

先立って27日、「ラン・オン」は新型コロナウイルス感染者が発生したことを受け、撮影を中止した。その後、主演のイム・シワンとシン・セギョンなどの出演者とスタッフは検査を受け、自主隔離に入った。

同ドラマで新型コロナウイルスに関連して撮影を中断したのは、今回が2度目である。8月中旬頃、スタッフの1人が新型コロナウイルス感染が疑われる他の作品のスタッフと接触し、撮影が中断となった。検査の結果、同スタッフが陰性判定を受け、撮影が再開した。しかし、それから約1ヶ月後の今回、感染者が発生して再び撮影を中断した。

・イム・シワン&シン・セギョン、新型コロナの検査中…新ドラマ「ラン・オン」撮影現場で感染者が発生

・少女時代 スヨン、濃厚接触者に該当せず…新ドラマ「ラン・オン」スタッフが新型コロナ感染で主演俳優らが検査

記者 : イ・ハナ