ソン・ジュンギ&キム・テリら出演、映画「勝利号」スチールカットを公開…それぞれのキャラクターに注目

TVREPORT |

写真=(株)メリークリスマス
ソン・ジュンギ、キム・テリ、チン・ソンギュ、そしてユ・ヘジンのモーションキャプチャー演技など、それぞれ異なる魅力を持つ演技派俳優たちが披露するアンサンブルとチョ・ソンヒ監督の宇宙SF映画で期待を集めた「勝利号」が、俳優たちのチームワークを収めたスチールカットを公開した。

「勝利号」は2092年、宇宙のゴミを掃除する宇宙船“勝利号”の船員たちが、大量殺傷武器として知られた人間型ロボット“ドロシー”を発見した後、危険な取り引きに飛び込む物語を描く映画だ。

韓国映画ではこれまで見られなかった新しい宇宙SFジャンルの映画「勝利号」が、キャラクターの個性とチームワークが引き立つスチールカットを公開し、映画に対する好奇心を高めている。

公開されたスチールカットでは、勝利号の精神的支柱のチャン船長(キム・テリ)を筆頭に、天才操縦士だが、お金を稼ぐことだけに真剣なテホ(ソン・ジュンギ)、エンジン機関室を担当している機関士のタイガー・パク(チン・ソンギュ)、そしてモリ使いロボットのオプトンイ(ユ・ヘジン)まで、勝利号の船員たちの姿を収めており、視線を奪う。

誰かと取り引きをしているようなチャン船長の姿と、視線を交わし合うテホとタイガー・パク、そして宇宙船の操縦室で深刻そうな表情で1ヶ所を見つめる勝利号の船員たちの姿は、映画の中で起きる事件への関心を高める。

可愛らしい顔とたくましい体、そしてユ・ヘジンの声で完成したオプトンイと共に、誰かとの通信を通して取り引きをするような勝利号の船員たちの姿は、これからどれほど緊張感あふれるドラマを描いていくのか、その行方に注目が集まる。ソン・ジュンギ、キム・テリ、チン・ソンギュ、ユ・ヘジンまで、名前を聞いただけでも心を躍らせる俳優たちの新しい組み合わせと、しっかりとした演技のアンサンブルが際立つチームワークのスチールカットは、彼らが作り出すケミストリー(相手との相性)への期待をますます高める。

「私のオオカミ少年」と「探偵ホン・ギルトン:消えた村」を通して、自身だけの想像力で作り出した新しい世界を披露してきたチョ・ソンヒ監督の宇宙SF「勝利号」。

ソン・ジュンギ、キム・テリ、チン・ソンギュ、ユ・ヘジンなど、演技派俳優たちがこれまで見たことのないダイナミックな宇宙で作り出す斬新なアンサンブルと宇宙空間のスペクタクルを通して、新しく面白い映画を期待させる「勝利号」は、韓国で9月23日に公開される予定だ。

記者 : キム・ミョンシン