BLACKPINK「SHOW CHAMPION」で番組に出演することなく1位を獲得!AB6IXらのカムバックステージも

OSEN |

「SHOW CHAMPION」でBLACKPINKが出演なしに1位を獲得し、AB6IXらがカムバックした。

8日に韓国で放送されたMBC every1のバラエティ番組「SHOW CHAMPION」では、7月第2週のトロフィーを手にする候補として、AB6IXの「THE ANSWER」、BLACKPINKの「How You Like That」、そして元Wonder Girls ソンミの「紫色の夜(pporappippam)」が挙げられた。続いて、SEVENTEENの「Left&Right」とMAMAMOO ファサの「María」も候補に上がった。その結果、7月第2週のトロフィーは、BLACKPINKが出演なしに獲得した。

この日MCたちは「K-POPのチャンピオンに会う時間だ」とし、カムバックステージを控えている歌手たちを紹介した。まず「雷を呼んできたこの方々、熱く強烈なエネルギーで戻ってきたVERIVERY」としてカムバックを予告した。続いてビビッドなカラーでカムバックしたAB6IXとX1出身チョ・スンヨン(UNIQ スンヨン)も紹介した。

この日、多数のアーティストたちの華やかなステージが目を引いた。元WASSUP ナダは新曲「My Body」を披露した。ナダは同曲で寄付チャレンジも展開しており、約2年ぶりに発売したニューアルバムにさらなる意味を加えている。

またAB6IXは、特別な形で楽曲を紹介した。イ・デフィは「僕たちだけのカラーで世界中を染めるという意味で、Block Bのジコ先輩がプロデュースした曲です」と説明した。

それとともに、その場でジコにメッセージを送ったイ・デフィは、「良い曲をありがとうございます。もっと一生懸命に頑張って良い成果を成し遂げます」と感謝の気持ちを表した。今回のコンセプトは、これまでとは異なる“夢幻セクシー”だと話したメンバーたちは、今回のアルバムに対する自信を表した。

AB6IXは今回のニューアルバム「VIVID」の収録曲である「SURREAL」を最初のステージとして披露し、カル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス)と共にカリスマ性溢れる一面でファンを魅了した。続いたタイトル曲「THE ANSWER」のステージでは、爽やかでキュートな姿を見せ、ギャップのある魅力で目を引いた。

X1出身チョ・スンヨンは「Love Me Harder」でセクシーでありながらもカリスマ性溢れるステージを披露した。ノリノリのバウンスと音色がファンの心を射止めた。タイトル曲「Love Me Harder」は、チョ・スンヨンが作詞・作曲した曲で、ラップと歌、パフォーマンスまで完璧にこなして、アーティストとしての一面を証明した曲だ。

さらにVERIVERYも「パフォーマンスでファンの心をつかむ」とし、印象深いカムバックを果たした。また、タイトル曲「Thunder」でカリスマ性あふれるカル群舞でセクシーさをアピールした。

VERIVERYのタイトル曲「Thunder」は、突然押し寄せてくる不安の中、あなたと私が出会い、勇気を持って立ち向かい、乗り越えて1つにつながる過程を表現した強烈なシンセが中心となるダンス曲だ。着実な成長で注目を集めているVERIVERYは、カムバックラッシュが続いている音楽業界で自己新記録を打ち立てるなど、存在感を見せている。

またGolden Childは、「ONE(Lucid Dream)」でキレ味抜群の完璧なステージを披露した。音色はもちろん、ダンスブレイクでも“パフォーマンス名家”らしい一面をアピールした。「ONE(Lucid Dream)」は、Golden Childの連作シリーズである自分探し3部作の最後の曲で、少年が大人に成長しながら感じる痛みを表現した。

他にもこの日の「SHOW CHAMPION」にはD1CE、W24、E'LAST、F.able、DONGKIZ I:KAN、3YE、ハ・ヒョンサン、Kassy、NATUREらが出演した。

記者 : キム・スヒョン