BLACKPINK&レディー・ガガ、コラボ曲「Sour Candy」がビルボードで33位に…K-POPガールズグループ最高記録

MYDAILY |

写真=YG ENTERTAINMENT
BLACKPINKが、世界の二大ポップ市場であるアメリカとイギリスのメインチャートで、K-POPガールズグループ“初&最高”の記録を自ら更新した。

9日(現地時間)、アメリカ・ビルボードが発表した最新チャートによると、BLACKPINKとレディー・ガガのコラボ曲「Sour Candy」は、ビルボード「ホット100」の33位にランクインした。

レディー・ガガとのコラボ曲だが、これはBLACKPINKのアメリカ・ビルボード「ホット100」の歴代順位の中で最も良い成績だ。また、「ホット100」トップ40位以内に名を連ねたK-POPガールズグループは、BLACKPINKが初めてとなった。

BLACKPINKは昨年、「Kill This Love」でアメリカ・ビルボードの「ホット100」チャートの41位にランクインし、K-POPガールズグループの“初&最高記録”を打ち立てた。2018年の「DDU-DU DDU-DU」は55位、イギリスのシンガーソングライターのデュア・リパとのコラボレーション曲「Kiss and Make up」は93位を記録した。

「ホット100」は、すべてのジャンルの音楽をまとめて集計する、アメリカ・ビルボードのメインチャートだ。ストリーミング実績・音源販売実績・ラジオ放送回数などを総合しており、アメリカ内の人気を測る重要な物差しの一つだ。

BLACKPINKは、今回のレディー・ガガとのコラボ曲「Sour Candy」を通じて、ポップ市場における自分たちの存在感を再び証明した。

「Sour Candy」は、アメリカ・ビルボードに先立ち、5日に発表されたイギリスのオフィシャルチャートのシングルトップ40で17位にランクインし、BLACKPINKが開くK-POPガールズグループの新しい歴史を予告した。続いて、7日にアップデートされた「グローバルYouTubeソングトップ100」チャートでは、トップに立つ勢いを見せた。

「Sour Candy」は韓国語の歌詞が含まれている曲であり、ミュージックビデオがないにも関わらず成し遂げた記録だという点でさらに注目されている。

アメリカ・フォーブスは「Sour Candy」について、BLACKPINKとレディー・ガガの“デュエット” と称し、「この歌は今、間違いなくアメリカの歴史の中で、K-POPガールズグループ最高のチャートを記録した曲になった」とスポットを当てた。

またアメリカ・ビルボードは、レディー・ガガの新しいアルバムの人気と成功の秘訣を扱った記事で「『Sour Candy』が、もしシングルでリリースされていたら、ガガにとって(『Rain On Me』と『Stupid Love』に続き)3番目に高い成績になる曲であることが明らかだ」と言及した。

BLACKPINKは今月、先行公開タイトル曲でカムバックする。その後、7~8月頃に新曲第2弾を公開、9月頃に1stフルアルバムの発売を予告している。

記者 : ヨ・ドンウン