ソル・ギョング&ユ・ジュンサン&チン・ギョンら、映画「少年たち」キャスティング決定

MYDAILY |

写真=CJエンターテインメント
映画「少年たち」(監督:チョン・ジヨン)がキャスティングを終えた。

韓国映画界の名匠チョン・ジヨン監督と、韓国を代表する演技派俳優ソル・ギョングの最初の出会いで期待を集めている「少年たち」が、ソル・ギョング、ユ・ジュンサン、チョン・ギョン、ホ・ソンテ、ヨム・ヘランなど出演陣のキャスティングを完了した。「少年たち」は、地方の片田舎のスーパーで発生した強盗殺人事件の犯人に指目された少年たちの再捜査に乗り出した捜査班長の物語を描いた映画だ。

「南部軍 愛と幻想のパルチザン」「ホワイト・バッジ」「折れた矢」「南営洞1985~国家暴力、22日間の記録」「ブラックマネー」まで、38年間にわたり数多くの話題作を通じて、韓国社会の裏側にスポットを当ててきたチョン・ジヨン監督が、今度は1999年の全羅北道(チョルラブクド)完州(ワンジュ)郡參禮邑(サムレウプ)で発生した「參禮ナラスーパー事件」の実話を映画化して耳目が集中される。

ソル・ギョングは、事件の再捜査に乗り出した捜査班長ファン・ジュンチョル役を演じる。ファン・ジュンチョルは、事件解決のためなら水火も辞さない愚直な執念でナラスーパーの強致死事件の再捜査に乗り出した人物だ。これに対抗し、実績のためなら手段を選ばない緻密な捜査で、組織内の信頼が厚いエリート警察チェ・オソン役にユ・ジュンサンが加わり、ソル・ギョングとのきっ抗演技の呼吸を期待させる。

またチン・ギョンが殺されたおばあさんの娘であり、事件の唯一の目撃者ユン・ミスク役に扮して信頼感を加える。ホ・ソンテはファン班長を信じて従う心強い後輩刑事パク刑事役、ヨム・ヘランは捜査に没頭するファン班長を黙々と支える生活力の強い妻キム・ギョンミを演じる。そして殺人事件の犯人に指目された少年たちは、キム・ドンヨン、ユ・スビン、キム・ギョンホがキャスティングされた。

チョン・ジヨン監督の前作「ブラックマネー」で、韓国最大の金融スキャンダルを暴くヤン・ミンヒョク検事で熱演を広げたチョ・ジヌンは、友情出演するという。

「少年たち」は、6月末にクランクインされる。

記者 : イ・イェウン