BTS(防弾少年団) SUGA、収録曲 「What do you think?」の一部が議論に…Big Hitがコメント“プロデューサーが選定…該当部分は削除した”

OSEN |

写真=OSEN DB
防弾少年団 SUGAのミックステープの収録曲 「What do you think?」に、米国のカルト教団の教祖ジム・ジョーンズの演説が引用されたことで議論となった。これについて所属事務所のBig Hitエンターテインメントが謝罪した。

Big Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)は31日「SUGAのミックステープ『D-2』の収録曲『What do you think?』の導入部の演説のボーカルサンプルは、トラックを制作したプロデューサーが、特別な意図なく演説者を知らない状態で、楽曲全体の雰囲気を考慮して選定しました」と伝えた。

続いて「このボーカルサンプルが決まってから、同社は内部プロセスに基づいて内容の適正性を確認する手続きを進めましたが、選定とチェックの過程で内容上、不適切なサンプルであることに気づけず、楽曲に入れてしまうというミスが発生しました」と説明した。

Big Hitは事前に確認ができず、歴史的な状況の理解不足によるものだったことを認め「傷つき、不快感を感じた方々にお詫び申し上げます」と謝罪した。

Big Hitの対応は迅速だった。「What do you think?」で問題となった導入部をすぐに削除した後、再販売した。Big Hitは「アーティスト本人も思いもしなかった部分で問題が発生したことについて当惑し、重い責任を感じています。今後、今回の事例を教訓にして、すべての制作過程をさらに綿密に点検していきます」と伝えた。

写真=Big Hitエンターテインメント

先月22日、SUGAは「Agust D」の名前でミックステープ「D-2」を発表した。その後、収録曲「What do you think?」のイントロにジム・ジョーンズの演説がサンプリングされたことが分かり、議論となった。1977年、ジム・ジョーンズが「あなたは死んでも生きる。生きて信じる者は決して死なない(Though you are dead, yet you shall live, and he that liveth and believeth shall never die)」という部分が使用された。

防弾少年団 SUGA、2ndミックステープ「D-2」ビハインドストーリー公開“ファンのための音楽…楽しんでもらいたい”

防弾少年団 SUGA、ミックステープの作業中に避難も「近所で新型コロナ感染者が出て…」(動画あり)

【Big Hitエンターテインメント 公式コメント全文】

こんにちは。Big Hitエンターテインメントです。

防弾少年団 SUGAのミックステープについて、コメントをお伝えします。

防弾少年団 SUGAのミックステープ「D-2」の収録曲「What do you think?」の導入部のスピーチのボーカルサンプルは、楽曲のトラックを制作したプロデューサーが、特別な意図なく演説者を知らずに楽曲全体の雰囲気を考慮し、選定しました。

その演説のボーカルサンプルを決定してから、弊社は内部プロセスに基づき内容の適正性を確認する手続きを進めましたが、選定とチェックの過程で内容上不適切なサンプルであることに気づけず、楽曲に入れてしまうというミスが発生しました。

Big Hitは、世界中を対象とした様々なコンテンツをチェックするため、独自のプロセスを通じて社会、文化、歴史的に問題になりうる内容を確認していますが、すべての状況を理解し、それに合わせて対応することには限界があるということを感じました。

今回の場合は、事前に認知できませんでした。これに関連する歴史的、社会的状況への理解も不足していました。これによって傷つき、不快感を感じた方々にお詫び申し上げます。

Big Hitは問題を確認した後、該当の部分をすぐに削除して再販売しました。

アーティスト本人も思いもよらなかった部分で問題が発生したことについて当惑し、重い責任を感じています。

Big Hitは、今後今回の事例を教訓にして、すべての制作過程をさらに綿密に点検していきます。

記者 : シム・オンギョン