Wanna One出身オン・ソンウからキム・ダミまで「第56回百想芸術大賞」新人賞の最終候補者を公開

OSEN |

1年を一番輝かせた“ワンピック(One Pick)”は誰になるだろうか。いつにも増して競争の激しい「第56回百想芸術大賞」で、一生一度でより価値のある新人賞を手にするため、ルーキーらが激しい競争を繰り広げる。

毎回新人賞をめぐって激しい競争が繰り広げられるが、今年は特にそうだと関係者らは言っている。最終候補が公開された後、「誰が受賞するか気になるわけではなく、誰が受賞してもおかしくない」という言葉だけが出てくる。主演と助演で3作以下の経歴を持つ俳優のうち、男女10人が最終候補に選ばれた。

“スター登竜門”と呼ばれる「百想芸術大賞」で新人賞を受賞した俳優はキム・ナムギル、チュウォン、イム・シワン、リュ・ジュンヨル、キム・ゴウン、ヤン・セジョン、キム・ヘユンなどだ。今年は果たして誰がその系譜を引き継ぐのだろうか。

「第56回百想芸術大賞」は、6月5日16時50分から京畿(キョンギ)道一山(イルサン)にあるKINTEX7ホールで生放送され、新型コロナウィルス感染拡大を考慮し、観客なしで行われる。

「幅広い演技を披露する男性新人俳優ら」

キム・ガンフンは未来が期待される最高の子役と呼ばれる。「椿の花咲く頃」で見せてくれた演技は、成人演技者たちが学ばなければならないほど劇中人物のピルグそのものだった。多くの俳優がドラマに出演したが、印象深いキャラクターとして口をそろえてキム・ガンフンを挙げるほど反応が熱かった。子役というレッテルをはがしても普通の俳優らと肩を並べるほど印象深い演技を見せてくれた。

「梨泰院クラス」での不気味な悪役で新人賞の候補にノミネートされたアン・ボヒョンの発展も著しい。ボクサーから始め、俳優になるまで簡単でない過程を経て、安定した演技で立派な俳優になった。特別な存在感で助演賞の候補になり、事務局基準によって最終新人賞候補に選ばれた。

「浪漫ドクターキム・サブ2」で、劇中人物と共に成長したアン・ヒョソプの活躍も目立つ。イケメン新人で名を馳せた後、ハン・ソッキュらとの演技でも気後れしない自身だけのスタイルを披露し、絶賛された。多くのドラマのシノプシス(ドラマや舞台など作品のあらすじ)と台本を受ける人気俳優に生まれ変わり、次回作にも関心が高まっている。

Wanna Oneでデビューし、俳優としての地位を固めたオン・ソンウは、次世代“演技アイドル”になった。最初の作品から主人公を演じ、「十八の瞬間」でチェ・ジュヌ役を演じた。チェ・ジュヌがまさにオン・ソンウであるかのように彼にぴったりな役だった。他のアイドル出身の俳優らが初めて主役を演じる時に出てくる演技力をめぐる議論もなく、好調なスタートを告げ、映画やドラマなど次回作まで決まった。

イ・ジェウクは一歩一歩進んできた。「アルハンブラ宮殿の思い出」で演技を始め、「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」で顔を知らせ、「偶然発見した一日」でペクギョン役に扮し、強い印象を残した。目立つビジュアルと安定した演技で1年間、様々な作品に出演し、幅広い演技を披露した。

「誰が受賞しても異見のない女優ら」

特に女子部門で競争が激しい。映画「魔女」でデビューし、その年、各映画祭の新人賞を総なめにしたキム・ダミが初のドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」でブレイクした。本人の演技だけでなく、ドラマの成績も非常に良く、初の映画や初のドラマがすべて人々を満足させた。「魔女」が「百想芸術大賞」で新人賞を受賞できなかった痛みを、今回治せることができるのか、その結果が期待される。

ドラマでは馴染みがないが、ミュージカルではすでに大型俳優であるチョン・ミドは、初のドラマ「賢い医師生活」で新人賞の候補にノミネートされた。チョン・ミドの演技を論じることは意味がないほど非の打ち所のない演技。しかも音痴の演技をしているのだから、なおさら驚かされる。ミュージカル界のベテランもドラマでは新人。そのため、さらに意味のある新人賞のトロフィーだ。

「メロが体質」が発見した宝石はチョン・ヨビン。映画「罪深い少女」ですでに評論家らの心を掴み、一般の人々には「メロが体質」の中の気難しいプロデューサーイ・ウンジョンとして強い印象を残した。「メロが体質」で見せてくれた繊細な演技と相手の俳優と阿吽の呼吸は、新人とは思えないほどだった。

映画「パラサイト 半地下の家族」のイ・ソンギュン、チョ・ヨジョンの長女で、先に登場したチョン・ジソは「謗法」で人を害する謗法師を演じた。若い年で容易でない感情を表現すべきだったが、見事にこなした。「パラサイト 半地下の家族」の中の長女と「謗法」の中の少女が同一人物なのかと思うほど、イメージチェンジは大成功だった。

高視聴率を記録して放送終了した人気ドラマ「夫婦の世界」で発見した女優は、ハン・ソヒだ。死ぬほど憎い不倫女と呼ばれたことは、それほど演技がよかったという意味だ。キム・ヒエとの対決でも押されない緊張感が強い印象を残した。不倫女という劇中人物とは異なり、実際の性格は気さくなところも魅力的だ。ドラマが終わった後、最も多くの業界からラブコールを受けている。

記者 : パク・ソヨン