シン・ヘソン&キム・テリ&チョン・ジョンソ、主演映画が続々と公開…次世代の韓国映画をリードする女優達に注目

Newsen |

写真=各映画スチール
シン・ヘソン、キム・テリ、チョン・ジョンソら、次世代の韓国映画を引っ張っていく主演女優たちが帰ってくる。

5月27日に韓国で公開される映画「潔白」(監督:パク・サンヒョン)は、シン・ヘソンの映画初主演作だ。ドラマ「ゆれながら咲く花」や「青い海の伝説」「秘密の森」を経て、週末ドラマ「黄金の私の人生」まで、作品ごとに演技力を認められ、助演から主演まで着実に成長を遂げてきたシン・ヘソンは、「潔白」を通じて強烈な存在感を見せる予定だ。

映画「勝利号」(監督:チョ・ソンヒ)で今夏スクリーンカムバックを予告したキム・テリも、観客たちの期待を集めている。「お嬢さん」のスッキ役でデビューしたキム・テリは、その年の新人女優賞を総なめにし、「1987、ある闘いの真実」、ドラマ「ミスター・サンシャイン」まで成功させた。

イ・チャンドン監督の「バーニング」の主演として印象深いデビューを遂げたチョン・ジョンソは、魅力的なマスクと個性あふれる演技で、観客の注目を集めた。今年韓国での公開を予告した「コール」(監督:イ・チュンヒョン)では毒気と狂気にあふれる人物を描き、彼女だけの地位を固める予定だ。

記者 : ペ・ヒョジュ