ハム・ソウォン、10年で1万回!?当時の人気ぶりに驚き「イベントがあると空港にファンが殺到して…」(動画あり)

TVREPORT |

写真=TV朝鮮「妻の味」放送画面キャプチャー
女優ハム・ソウォンが自らを“中国のチャン・ユンジョン”と称し、注目を集めた。ハム・ソウォンは女優になる前に、なんと1万回のイベントをこなしたイベントの女王だった。

韓国で最近放送されたTV朝鮮「妻の味」では、ジン・ファ&ハム・ソウォン夫婦の話が公開された。

この日ハム・ソウォンは、曲の作業をするためにお笑い芸人パク・ミョンスに会った。穴の開いた靴下を履いたまま現れたハム・ソウォンを見て、パク・ミョンスは「今、戦争中? 一つ新しいものを買って」とアドバイスした。

これにハム・ソウォンは「春になるとこの靴下は履かなくなるから……。すでに一度縫ったのに、また破れた」と明かし、パク・ミョンスは「一体どうして?」と驚きを隠せなかった。

これまでハム・ソウォンは、パク・ミョンスに数回「曲が欲しい」とお願いしていた。この日、ハム・ソウォンは自身の略歴を紹介しながら、“歌手ハム・ソウォン”をアピールした。

ハム・ソウォンは2003年に韓国でアルバムを発売し、中国で10年間で1万回にのぼるイベントを行った。

彼女は自分自身を「中国のチャン・ユンジョン」と称し、「私がイベントに行こうと空港に現れると、ファンが殺到した」と関連エピソードも明かした。

ハム・ソウォンの人気は、映画「色即之空」によるものだ。彼女は「中国で『色即之空』を見なかった人がいたら、手を上げてみて。80年代生まれの人は全員見たはず」と自負した。

ハム・ソウォン、整形前の写真を公開…学生時代の美貌にスタジオも感嘆「勉強より遊んでいた」

ハム・ソウォン、母親と対面し号泣「過去の苦労を思い出した…許してほしい」(動画あり)

記者 : イ・ヘミ