まるでナイト!?パク・シフの艶っぽさに浸る…「バベル~愛と復讐の螺旋~」鑑賞コラム

KSTYLE | |PR

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
「バベル~愛と復讐の螺旋(らせん)~」は、財閥一家を背景に、愛と欲望と復讐が色濃く描かれる“激情ミステリーメロドラマ”。よく韓国で使われる「メロドラマ」という表現は日本では「ラブストーリー」に言い換えられるが、このドラマはラブストーリーという表現では物足りない、まさに激しい情がほとばしる激情メロドラマなのだ。

30年前に父親が殺され母親も自殺して家族を失った復讐のために、検事となり虎視眈々とその標的の財閥会長を狙ってきた男が、パク・シフ演じるチャ・ウヒョク。そんなウヒョクが新聞記者時代にすっぱ抜いたスキャンダル記事がきっかけでその財閥一家に嫁ぐことになり、そのせいで人生が狂ってしまった元人気女優のチャン・ヒジン扮するハン・ジョンウォン。

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
このジョンウォンの夫がグループの後継者になるのを目前にして殺されたことで財閥一家の深い闇がどんどんあぶりだされていき、ドロドロの骨肉の争いが繰り広げられるとともに、ウヒョクは、愛してはならないこの人妻を愛してしまったことで復讐と愛のはざまで葛藤していく。そんな禁断の愛が、思いっきりメロディアスな音楽に乗せて描かれて行く。

そんなメロウな話にぴったりはまっているのがパク・シフの艶っぽさ。パク・シフ力とでもいおうか、ともかく、パク・シフのナイトっぷりがすごいのだ。

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
最初は、いけしゃあしゃあと図太く振る舞う風来坊の検事として、軽妙ではったりもきくデキる男として登場。

でもその内面には鋭い復讐心を隠し持つコヨーテのような男だったのに、ジョンウォンを目の前にすると、ナイト精神120%になってしまう。

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
悪魔のような夫の暴力に苦しめられ、財閥家の中でも疎外された存在のヒロイン、ジョンウォン。彼女がいつも何かを訴えかけるような潤んだまなざしでウヒョクを見つめるので、そんな彼女を前にすると、ウヒョクは、冷徹に復讐に邁進するはずだったのに、あ~それなのにそれなのに、この触れなば落ちん風情の美女に吸い寄せられるようによろめいてしまうのだ。

悲しむ彼女の前にひざまずいて涙をぬぐってやり、慰めるようにそっと口づけをしてしまったり、取り調べと言いながら仕事中でもつい手が出て、あ、もとい慰めてあげたくなって激しくキスしてしまったり。

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
彼女に何かあったのではないかと察知すると、息せき切って駆けつけちゃうことも一度や二度ではない。っていうか毎話に一回は彼女のために走っているかも。

このときの、スーツの上着が翻る勢いで必死になっている姿がツボなのだが、こうしたサマは、まるで呪いによっていばらの城に閉じ込められた姫を必死に救い出そうと戦う凛々しきナイトのようだ。

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
回が進むにつれ、ジョンウォンにも夫殺しの疑いがかかるのだが、検事であるウヒョクは「利用されても構わない、殺人犯でも構わない。僕が愛している人だから、僕は君を守る」と言い切り、1ミリもぶれない。ナイトの鏡だ! 完全によろめいている。ツンデレならぬツンヨロって感じ。でもいいのだ、彼は検事である前に彼女のナイトであることを選んだのだから。

白馬の王子ならぬ、白顔の王子なパク・シフが、愁いを帯びた面持ちに艶っぽく苦悩を浮かべながらもどこまでも愛を貫く姿にクラクラ来てしまう。

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
一方で、表向き好青年なのに、実は……という二面性を持つ恐ろしい男を演じたキム・ジフンの危険な魅力も新鮮!

キーマンであると思われた彼が早々に殺されてしまう展開に驚きながら、もうちょっとキム・ジフンの妻への屈折した愛を見ていたかった気がするほど。はっきりしたハンサム顔がかえって怖かった。

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
このドラマ、主軸は禁断の愛だが、犯人はいったい誰なのか、ウヒョクの復讐はどうなるのかというミステリー的な面白みも並行していき、いきなりの殺人事件から複雑な人間関係がじわじわとあらわになっていく過程も緊張感がいっぱいだ。

人間関係が時間をさかのぼって説明されたり、人物の変わりようが激しくて、この間に一体何があったのかと想像させる展開で、終始ミステリアスなベールをまとったように気になる作り。タイトルが「バベル」だけに、神を脅かすがごとく塔を高く積み上げた人間の欲望に怒りが落ちたように、果たして誰に罰が下されるのか……。

巨大財閥に翻弄されるひとひらの愛の花のような2人の激愛に浸るとともに犯人探しもお楽しみに。

(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved
文:田代親世(韓流ナビゲーター)

■リリース情報
「バベル~愛と復讐の螺旋(らせん)~」

○DVD-SET1
好評発売中
GNBF-5394/¥15,200+税/第1話~第8話収録/本編約520+特典映像約60分/DVD4枚
仕様:アウターケース付き/封入特典:リーフレット(4P)/特典映像:事前特番「バベル ザ・ビギニング」

○DVD-SET2
2020年5月8日(金)発売
GNBF-5395/¥15,200+税/第9話~第16話収録/本編約510分+特典映像約95分/DVD4枚
仕様:アウターケース付き/封入特典:リーフレット(4P)/特典映像:メイキング集Part1&2、パク・シフインタビュー

※レンタルDVDリリース
・好評レンタル中 Vol.1-6
・2020/5/8(金) Vol.7-11
・2020/6/3(水) Vol.12-16

<セル・レンタルDVD共通仕様>
16:9 HD サイズ/カラー/音声:韓国語2ch ステレオ ドルビーデジタル/字幕:日本語/片面2層

※U-NEXTにて独占先行配信中

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) 2019 TV Chosun. All Rights Reserved

■関連リンク
公式サイト:http://kandera.jp/sp/babel/

記者 : Kstyle編集部