カン・ドンウォン主演映画「半島」予告編第1弾を公開…廃墟の都市で繰り広げられる死闘

Newsen |

写真=NEW
「半島」がついにベールを脱いだ。

2日、映画「半島」の予告編第1弾が公開された。

「半島」は、映画「新感染 ファイナルエクスプレス」から4年後、廃墟に残された人々が繰り広げる最後の死闘を描いた大作アクション映画だ。

「半島」は「新感染 ファイナルエクスプレス」を越えるスケールとスピード感を披露する。「新感染 ファイナルエクスプレス」が走る列車という限られた空間の中で繰り広げられる生き残るための死闘で緊張感を与えたことに対し、「半島」は廃墟になった広大な都心を背景により一層スピーディなアクションを披露する予定だ。

各プラットフォームを通じて世界で初公開された「半島」の予告編第1弾は、前代未聞の災難後、4年が過ぎて荒廃となった「半島」の姿から始まる。巨大な船舶が放置された港と錆びた車だけが残っている寂しい街、数百人のゾンビが入り混じって閉じ込められた地下鉄の駅舎、人影のない都市は、これ以上私たちが知っていた都市の姿ではない。

4年ぶりに「半島」に戻ってきたジョンソク(カン・ドンウォン)は、ここでミンジョン(イ・ジョンヒョン)と一緒に野良犬になった生存者たちに出会う。彼らは音と光により敏感になり、反応速度が速くなったゾンビたちと人間性を失った野蛮な群れの間で生き残るため死闘を繰り広げる。特に人影のない都心で繰り広げられる躍動感あふれるアクションとカーチェイスは、スペクタクルとサスペンスを同時に与え、映画への期待を高める。

北米、香港、台湾、南米、ブラジル、フランス、マレーシアなどで予告ポスターを公開し、反響を呼んだ「半島」は予告ポスター、スチール公開に続き、予告編第1弾まで披露し、世界中のファンにより一層近づいている。

「半島」は今夏、韓国と海外の主要国で同時公開される予定だ。

記者 : パク・アルム