カン・ドンウォン主演「新感染半島 ファイナル・ステージ」ついに日本でロードショー!“韓国ゾンビが人気の理由?とにかく速くて…”

Kstyle |

世界の映画祭で大絶賛を浴び、韓国、日本をはじめ世界中で歴史的大ヒットを記録した「新感染 ファイナル・エクスプレス」の4年後の世界を描く「新感染半島 ファイナル・ステージ」が2021年1月1日より(金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて、全国ロードショー!

舞台は「新感染」の4年後の“半島”。人間を凶暴化させる謎のウィルスの感染爆発で荒廃した祖国に、ある任務を果たすため戻ってきた元軍人のジョンソクを、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督が初めて手がける韓国映画「ブローカー(仮)」への出演が決定しているカン・ドンウォンが演じ、前作「新感染」で監督を務め、韓国だけでなく世界で高い評価を受けたヨン・サンホ監督が引き続きメガホンをとる。

今回、日本での上映に先駆けて主演のカン・ドンウォンにインタビューを実施! 韓国ゾンビの人気の理由から日本ファンへのメッセージまで、たっぷりと語ってくれた。

【プレゼント】カン・ドンウォン直筆サイン入り「新感染半島 ファイナル・ステージ」韓国版プレスを3名様に!応募はTwitterをフォロー&リツイート

――「新感染半島 ファイナル・ステージ」に出演を決めた理由をお聞かせください。どんな部分に最も惹かれましたか?

カン・ドンウォン:「新感染 ファイナル・エクスプレス」や「パラサイト 半地下の家族」のスタッフをしていた知人から電話があって、「ヨン・サンホ監督が会いたいそうだ。一度会おう」と声をかけられたんです。それで、ヨン・サンホ監督が「新感染」の続編を検討しているということだけを聞いて、監督にお会いして、監督が持っているビジョンを詳しく聞きました。そのあとで台本を読んで、シナリオがすごくよくて……。以前からポストアポカリプス(文明崩壊後の世界を描いたもの)をやってみたいという気持ちもあったので、出演を決めました。とにかく全体的なシナリオが良かったし、監督のビジョンがとてもしっかりしていたので、ものすごくおもしろい作品になりそうだなと思いました。

――「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編であるということについて、プレッシャーはありましたか?

カン・ドンウォン:監督からは当初から、続編ではあるものの、独立したストーリーの映画だと聞いていました。前作のファンを満足させることは簡単ではないだろうと思いましたが、シナリオを読んで「これは『新感染 ファイナル・エクスプレス』をご覧になった方にも気に入っていただけるはずだ」と思ったので、特にプレッシャーを感じることなく撮影に入りました。

――台本を読んだとき、最も楽しみだったシーンを教えてください。また、実際の撮影はいかがでしたか?

カン・ドンウォン:監督はカーチェイスのシーンに、とても重きを置いていました。大型のジンバルという特殊撮影用の機材を使って、装置の上に車を乗せて揺らしながらの撮影でこんな風に(体を揺らしながら)動くんです。アトラクションに乗っているみたいな感じで、おもしろかったです。僕の話でいうと、個人的にはゾンビを使って人間狩りをするシーンがすごく気になっていました。重要なセットで撮影されるシーンの一つでもあって、ゾンビコロシアムのようなセットも気に入っていました。

――ジョンソクというキャラクターを演じるために、どんな役作りをしましたか?

カン・ドンウォン:ジョンソクは合理的な人物ですが、災難を経験したことで、悲観的かつ厭世的に変わってしまいます。そして避難先の香港から廃虚と化した韓国に戻り、そこで新たな人々に出会うことで、ジョンソクは再び変わっていきます。観客はジョンソクの感情をたどっていくことになるので、ジョンソクが抱いている感情を伝えることに重点を置きました。観客のみなさんがより理解しやすいように、シナリオ上では平面的だったキャラクターを、もっと立体的に作るために監督と話し合いを重ねました。


韓国ゾンビが人気の理由は?「ものすごく速くて…」

――今回の作品の参考のために観たゾンビ作品はありますか?

カン・ドンウォン:これまでにゾンビ映画を何本か観たことはありますが、ジョンソクという人物はゾンビについてあまりよく知らないキャラクターなので、今回のために改めて観た作品は、特にはないです。

――撮影現場には大勢のゾンビがいたと思いますが、どんな雰囲気でしたか?

カン・ドンウォン:ゾンビがそこら中に座っていて、トイレにもゾンビが行ったり来たりしていて(笑)。ゾンビとおしゃべりしたり、ごはんを一緒に食べたりしながら、楽しく撮影をしました。

――ゾンビの動きを指導する、専門の振付監督がいるということを知って驚きました。

カン・ドンウォン:はい、ゾンビ・ムーブメントの総括監督がいらっしゃいました。韓国のほとんどのゾンビ映画の振付を監修していらっしゃる方です。韓国にはあともう1人、ゾンビの振付監督がいらっしゃると聞いています。

――スピーディーなガンアクションが印象的でした。韓国のゾンビは動きも速いので、大変だったのでは?

カン・ドンウォン:韓国ゾンビの人気が高い理由はそこですよね。パルリパルリ(早く早く)! という感じで(笑)。韓国ではゾンビがのろのろ動いていたら、皆もどかしくて見ていられないと思います(笑)。イギリス映画の「ドーン・オブ・ザ・デッド」やアメリカの「28日後…」に出てくるゾンビは動きが速かったと思いますが、世界全体でみると、スピーディーなゾンビはあまりいなかったと思います。韓国のゾンビはものすごく速いです!

――ゾンビを相手にしたアクションシーンの撮影について、何かエピソードがあれば、お聞かせください。

カン・ドンウォン:ゾンビとのアクションシーンはどうしてもタイミングを合わせるのが難しくて、それが少し大変でしたね。パンチが飛んでくるのではなく、頭から突っ込んでくるので。僕もゾンビ役の方も、お互いに気を遣いながら撮影をしていました。

――劇中では、女性や子供たちがたくましく活躍していましたね。

カン・ドンウォン:そうですね、そこが今回と他の映画が差別化できる点かなと思います。強い女性のキャラクターは多いですが、強い子供が登場する映画は少ないですよね。


子役とのエピソード「話が合いました(笑)」

――イ・ジョンヒョンさん、そして子役のイ・レさん、イ・イェウォンさんとの共演はいかがでしたか?

カン・ドンウォン:イ・ジョンヒョンさんはすごく明るくて親切で、とてもいい方です。ユジン役のイ・イェウォンちゃんは、いつも撮影現場でみんなの心をつかんでいて、イ・レちゃんもとてもかわいらしくて演技が上手でした。いつも現場でいろいろな話をしていて、子供たちがどう思っていたかはわかりませんが、僕はすごく話が合いました(笑)。

――他の共演者の方々とは、いかがでしたか?

カン・ドンウォン:クォン・ヘヒョさんも言うまでもなく素晴らしい方で、キム・ミンジェさんとは以前から親しい間柄なんです。ク・ギョファンさんとは一緒に撮影するシーンは多くありませんでしたが、とても演技が上手な方で気楽に過ごせました。みんなで楽しく撮影できたことが、記憶に残っています。

――今回はゾンビ映画に出演されていますが、これまでも比較的、平凡な日常の物語よりも、特殊な環境が描かれた映画に出演される印象があるように思います。ご自身が、出演作を選ぶときはどのような面を重視されていますか?

カン・ドンウォン:僕は全体的なバランスを最も重視していて、その他の部分はあまり見ないんです。これまでファンタジー性のある作品にいくつか出演してきたので、最近そうした作品を検討している監督からシナリオをたくさんいただくようになりました。映画というジャンルは漫画のように自由で、想像の翼を大きく広げることができます。映画の中だけで体験できる世界があり、多くの試みができる。そして極端な環境の中で人間というものについて語ることができる、そこが映画の長所でもあると思います。

――韓国をはじめ、ゾンビ作品は全世界的にも人気が高いジャンルですが、その理由・魅力は何だと思いますか?

カン・ドンウォン:僕はホラー映画の中でも、オカルト寄りの心理的にじわじわ来るようなジャンルが好きで、実はゾンビものはそこまで好きではなかったんです。それでどうしてゾンビが人気なのか、今回出演してみて分かったのですが、ゾンビは心理的な恐怖よりもアクション的な側面が強くて、もっと現実味のあるジャンルだなと思いました。ゾンビ映画は、目に見えない幽霊と戦うわけではないじゃないですか? 個人的に感じたことですが、「これは目に見える“人型の化け物”なんだな」と思いました。なので、より現実に即しているなと思っていて、例えば隣人がゾンビになったりもしますよね。あとは、ゾンビを撃退していく快感もあって、そこもまたゾンビ映画が成功を収めた理由ではないかと思います。


日本ファンにおすすめ「韓国には素敵な場所がたくさん」

――世界的には、新型コロナウイルスの防疫強化期間が続いていますが、どのようにお過ごしですか? 2020年に入って、考え方が変わったことや新たに気づいたことはありますか?

カン・ドンウォン:やや不便な点はあったものの、韓国はロックダウンなどがなかったので、これまでとそれほど変わらない生活が可能でした。ただ次回作の準備があって、外出する時間はほとんどなかったんです。出かけることがあっても仕事で。実は海外にいた時期もあって、その都市がロックダウンされましたが、その時も次回作の準備で毎日過ごしていました。でも、ロックダウンになった都市を見ていると、憂うつになることはありましたね。やっぱり人は一人では生きていけないな、そういったことを実感しました。全然会っていなかった人々のことも懐かしく思い出したり……。

――「新感染半島 ファイナル・ステージ」の舞台挨拶にもマスク姿で登壇されていましたが、灰色のマスクとストラップが素敵でした。

カン・ドンウォン:あの日、病院で働いている従兄弟のお兄さんに会ったのですが、そのお兄さんがマスクのストラップをくれたんです。「病院関係者の奥様が作ったのをプレゼントしてもらったんだ」と言って、僕の首にかけてくれました。実際に使ってみたら、便利だなと思いました。特に、マスクをつけたり外したりすることが多い方にとっては、便利なグッズだと思います。マスクを外したらずっと手に持っていないといけませんが、ストラップをつけておけばそのまま首にかけておけるので。

――また韓国旅行ができるようになったら、日本のみなさんにおすすめしたい場所や食べ物は?

カン・ドンウォン:韓国には素敵な場所がたくさんあります。江原道(カンウォンド)や全羅道(チョルラド)、忠清道(チュンチョンド)や西海岸、釜山(プサン)などの慶尚道(キョンサンド)方面にもいいところがたくさんあるので、地方もおすすめです。日本も同じだと思いますが、地方によってそれぞれ特色があるので、いろんな場所を訪れて、おいしい名物料理を召し上がっていただけたらと思います。

――カン・ドンウォンさんが好きな韓国料理は何ですか?

カン・ドンウォン:テジクッパ(豚肉のクッパ)が好きです。ミルミョン(小麦粉麺の冷麺)やカンジャンケジャンも。

――「新感染半島 ファイナル・ステージ」という映画を通して、カン・ドンウォンさんが感じたメッセージや教訓などはありましたか?

カン・ドンウォン:映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」には、さまざまなメッセージが込められています。「希望の見えない、このつらい世の中でどのように生きていくべきなのか?」という問いかけもあり、「どこで生きるかより“誰と”生きるかが重要だ」というメッセージもあります。そして「論理的に考えすぎるな。ときには感情に従え」。大きく分けて、こうした3つのメッセージが込められていると感じました。

――それでは最後に、日本では来年度の公開となる予定ですが、公開を待ち望んでいるファンのみなさんにメッセージをお願いいたします。

カン・ドンウォン:お待ちいただいたぶん、より一層楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。日本も大変な状況ですが、みなさん健康に気をつけてお過ごしください。来年には状況が少しでも良くなっていて、気兼ねなく外出できるようになっていたらいいなと思います。何気なく映画館に行けるということがどれくらい幸せなのか、家族で集まってごはんを食べることがどれくらい素敵な時間か、しみじみと実感することが多い日々ですよね。みなさん、もう少しだけ頑張って、お互いに助け合いながら乗り越えて行きましょう。

■公開情報
「新感染半島 ファイナル・ステージ」
2021年1月1日(金)TOHOシネマズ日比谷 他 全国ロードショー

監督:ヨン・サンホ『新感染 ファイナル・エクスプレス』
出演:カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ、イ・イェオン

配給・宣伝:ギャガ パブリシティ:スキップ
(C)2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

英題:PENINSULA/ 2020年/韓国/カラー/116分/字幕翻訳:根本理恵/映倫:G

<STORY>
パンデミックが半島を襲ってから4年後。香港に逃げ延びていた元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、ある任務を遂行するために半島に戻ってくる。任務とは、チームを組み3日以内に大金が積まれたトラックを回収して半島を脱出すること。チームはウィルスにより凶暴化した人間たちから逃れ、順調にトラックを手に入れるも、突如とし631部隊と呼ばれる民兵集団に襲われてしまう。トラックも奪われ、危機一髪となったジュンソクを救ったのはミンジョン(イ・ジョンヒョン)母娘。そして、彼らはともに半島を脱出するために協力することになり……。

■関連サイト
「新感染半島 ファイナル・ステージ」公式HP:http://gaga.ne.jp/shin-kansen-hantou

記者 : Kstyle編集部