防弾少年団 ジョングクのファン、大邱の医療陣のために手作り石鹸100個&サンドイッチ240個を寄付

Newsen |

写真=Newsen DB
防弾少年団のジョングクのファンたちが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で奮闘している大邱(テグ)の医療陣のために寄付を行った。

ジョングクのファンアカウント「クルソナ」は20日、Twitterに「地域拠点公共病院である大邱医療院に手作り石鹸100個を渡した」という文章を掲載した。

ジョングクのファンたちは「厳しい環境の中でも最善を尽くしてくださる大邱の医療陣の方々に生活必需品が足りないという話を聞いて、防弾少年団 ジョングクとARMY(防弾少年団のファン)の名前で手作り石鹸100個を寄付した」と伝えた。

続けて「大邱医療院の方々と新型コロナウイルスで厳しい時間を過ごしている全ての方々に元気を出してほしい」と付け加えた。

他のジョングクのファンアカウント「everythin' is ok for JK」も同日、Twitterを通じて大邱カトリック大学病院、東山(トンサン)病院に240個のサンドイッチを防弾少年団 ジョングクとARMYの名前で寄付したと明らかにした。

写真=防弾少年団のファンアカウント「クルソナ」

記者 : ファン・ヘジン