「なんとなく家族」CLC クォン・ウンビン、役作りのため?“宿所でわざと黙っていた”

MYDAILY |

写真=TV朝鮮
CLC クォン・ウンビンが失語症のキャラクターを演じるため、努力したと伝えた。

総合編成チャンネルTV朝鮮新バラエティドラマ「なんとなく家族」(脚本:キム・ボン、ソン・ユンジン、演出:キム・チャンドン)の制作発表会が25日午後、キム・チャンドン監督、ソン・ドンイル、チン・ヒギョン、オ・ヒョンギョン、キム・グァンギュ、ソ・ジソク、イボン、クォン・ウンビン、PENTAGON ヨウォンが参加した中、オンラインで行われた。

作品で失語症のキャラクターを演じたクォン・ウンビンは「実際にはおしゃべりだが、演技のため、宿所や家でわざと黙っていたりした」と伝えた。

そして、クォン・ウンビンは「たくさん学び、初放送を楽しみにしている」と伝えた。

「なんとなく家族」は、空港の付近で下宿を運営するソン・ドンイル、チン・ヒギョン夫婦と航空会社に務める様々な職種の人々が下宿で縁を結ぶ、新しい家族構成のドラマだ。血縁ではない家族たちの暖かくて愉快なストーリーを描く。

「なんとなく家族」は、韓国で今月29日午後7時55分に初放送される。

記者 : イ・スンギル