ソン・ドンイル&チン・ヒギョン&キム・グァンギュ&オ・ヒョンギョン、新ドラマ「なんとなく家族」共演に期待高まる

Newsen |

写真=サンサピクチャーズ
「なんとなく家族」が超特級バラエティドラマを予告している。

韓国で今月29日に初放送されるTV朝鮮の新バラエティドラマ「なんとなく家族」(脚本:キム・ボン、ソン・ユンジン、演出:キム・チャンドン、制作:サンサピクチャーズ )は、ソン・ドンイル(ソン・ドンイル役)、チン・ヒギョン(チン・ヒギョン役)、キム・グァンギュ(キム・グァンギュ役)、オ・ヒョンギョン(オ・ヒョンギョン役)ら、とぼけたアベンジャーズ俳優たちの登場で期待を集めている。

まず、劇中でソン・ドンイルは、ケミ(ケミストリー、相手との相性)職人として素晴らしい話術を見せる。妻のチン・ヒギョンとは、愛憎混じりのリアル夫婦の日常コメディー、キム・グァンギュとはいがみ合いが絶えない漫才、初恋のオ・ヒョンギョンとは色っぽい出会いで、爆笑を誘う予定だ。

チン・ヒギョンは、普段は下宿の大家さんとして下宿生から夫のソン・ドンイルまでを抑えるカリスマ性を発揮するが、習慣のように呼び出される通販の“ジルムシン(買い物の神様という意)”にはいつも負けて、主婦たちの共感を得る。また、“サランクン(恋人に夢中な人)”な一面で夫にこだわり、ソン・ドンイルの初恋で自身の親友であるオ・ヒョンギョンに嫉妬し、興味津々な楽しさを与える。

ソン・ドンイル、チン・ヒギョンの隣人で、親しい知人のキム・グァンギュは、家事する男の華やかな逸脱を夢見て特別な話を伝える。子供の頃から夢見てきた”トロット(韓国の演歌)天王”を40歳になって挑戦し、知人のオ・ヒョンギョンと微妙な雰囲気を作り、ソロ脱出の機会を狙う。心だけは少年であるキム・グァンギュの波乱万丈な物語は、視聴者たちを「なんとなく家族」に惹きつける。

オ・ヒョンギョンは、ホルモン店の店長で、自身の能力で成功したキャリアウーマンである。表面上ではツンとして気難しいクールビューティーにみえるが、実際には長い期間を独身で過ごして、寂しがり屋のギャップのある魅力をアピールする。また、自身が大切に思っている人々に何かあれば、すぐに駆けつける自他共に「なんとなく家族」のワンダーウーマンとして存在感を見せる予定だ。

韓国で29日午後7時55分に初放送される。

記者 : パク・スイン