キム・ミンジェ、ソ・ジュヨンとの熱愛疑惑に感謝?「共演者たちから冗談で言われたけど嬉しかった」

Newsen |

写真=ニャムニャムエンターテインメント
俳優キム・ミンジェが「ソ・ジュヨンさんは良いパートナーだった」と明らかにした。

キム・ミンジェは最近、ソウル江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)で開かれたSBS月火ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ2」放送終了記念インタビューで、女優ソ・ジュヨンとの恋愛演技について言及した。

最近韓国で放送終了した「浪漫ドクターキム・サブ2」は、地方のみすぼらしいトルダム病院を背景に繰り広げられる“本当のドクター”の物語だ。俳優ハン・ソッキュを筆頭に信頼して見る俳優たち、興味深いストーリー、強烈なメッセージなどが合わさり、視聴者たちに熱い感動を与えた。

キム・ミンジェは、劇中で唯一の男性看護師パク・ウンタク役を務めて活躍した。外科フェローのソ・ウジン(アン・ヒョソプ扮)とのブロマンス(男同士の友情)演技だけでなく、ユン・アルム(ソ・ジュヨン扮)との恋愛演技で興味をそそった。

キム・ミンジェは、パク・ウンタクとソ・ウジンの緊急救命室ブロマンスについて「序盤にすごく笑った。兄さんを18歳の時から知っていたし、あの時は歌手の練習生をしていた時だった。なので、同じ作品で出会えるとは想像できなかった。兄さんがソ・ウジンというキャラクターになり、僕がパク・ウンタクというキャラクターになって出会ったのが、すごく慣れなかったけど、すごく面白かった」と説明した。

続いて「だから序盤にお互いにセリフを言うのがすごく不思議だった。後半に入って、ソ・ウジンとパク・ウンタクになって、自然にお互いにどのように演技するかについて話しながら撮影した」と付け加えた。

また、パク・ウンタクとユン・アルムの恋愛は「浪漫ドクターキム・サブ2」に欠かせない視聴ポイントであった。実際の恋人みたいだったという視聴者の好評に対して、キム・ミンジェは「そのような反応を知っていたし、現場でも冗談で『2人似合ってる。本当に付き合ってるんじゃない?』と、本当に冗談で言われけど、感謝だった。それほど僕たちの演技が自然なんだと思ったし、本当に良いパートナーだと思った。皆すごく仲が良い。出演した俳優の先輩・後輩たちを見たら、『どうしてこんなに優しい人々を集められたんだろう』というのが会話のテーマだった」と話した。

続いて「僕たちはすごく仲が良い。本放送の視聴を呼びかける写真も撮って、今週は何を載せたらいいか考えながら毎回写真を撮った。良い俳優仲間の関係だ」と付け加えた。

特別出演した俳優ヤン・セジョンと久しぶりに再会した心境も打ち明けた。

キム・ミンジェは「嬉しかった。シーズン1が終わった後も、お互いに連絡して、時々会ったりした。不思議な喜びというか。こうして同じ作品で再び良い姿で出会えて、すごく楽しかった。楽しかったという言葉でしか表現できないけど、不思議な喜びがあった。お互いに楽しく撮影した」と話した。

シーズン1、シーズン2を通じて、視聴者に強烈な存在感を残したキム・ミンジェは、もしシーズン3が制作されて出演のオファーをもらったら、無条件で出演したいという意思を表した。シーズン3で希望するストーリーに関する質問には、「ストーリーはまだ考えたことがないけど、漠然とやりたいと思っている。何だか分からないけど、ただ出演したい。大きな枠やテーマがあるから」と明かした。

キム・ミンジェ、ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」は“学んで成長できる家のような場所”

イ・ソンギョン、キム・ミンジェ&元SISTAR ボラらとドラマ「浪漫ドクターキム・サブ2」をPR…仲睦まじい姿を動画で公開

記者 : ファン・ヘジン