「浪漫ドクターキム・サブ2」ヤン・セジョンが特別出演!トルダム病院を救えるのか

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「浪漫ドクターキム・サブ2」放送画面キャプチャー
シーズン1のヤン・セジョンがトルダム病院に戻ってきた。

2月18日に韓国で放送されたSBS「浪漫ドクターキム・サブ2」第14話には、ヤン・セジョンが特別出演した。

トルダム病院ヨ・ウニョン院長(キム・ホンパ)が肺がん末期患者になって運ばれてきて、キム・サブ(ハン・ソッキュ)がヨ・ウニョンをCPRで生かし、ヨ・ウニョンとの約束を破ったことを自責している間、ユン・アルム(ソ・ジュヨン)は誰かと通話をした。

ユン・アルムは「お兄さん、私がメールしたのを見ましたか? ヨ院長がそんなことになったんです。キム・サブがすごく大変な思いをしています。トルダムのスタッフもそうだし」と話した。その後、誰かがトルダム病院を訪れた。チャ・ウンジェ(イ・ソンギョン)は彼の後ろ姿を見て、「あの人って、まさか?」と独り言を言い、ついに姿を表した彼の正体はト・インボム(ヤン・セジョン)だった。

ト・インボムは「変わってないな、ここは」と言い、明るい笑顔でこの日の最後のシーンを飾った。続いた予告編ではト・インボムが「彼らの目的はなんとかしてトルダム病院を畳む口実を探すことだ」と言い、トルダム病院を救いに来たことを予告した。

ト・インボムを「お兄さん」と呼ぶユン・アルムとはどのような関係なのか好奇心をくすぐる中、シーズン1のヤン・セジョンの嬉しい特別出演が注目を集めている。

記者 : ユ・ギョンサン