Stray Kids&ITZY、2020年のJYPを率いるスーパールーキー…アメリカでも人気

OSEN |

写真=JYPエンターテインメント
JYPエンターテインメントのスーパールーキーである二つのグループが、2020年の始まりと共に目覚ましい活躍を披露し、JYPの未来をリードする主役に浮上した。

Stray Kidsはデビュー後、2年も経たないうちに世界各地で単独コンサートを開催するほど、猛スピードで人気が上昇している。

1月29日(現地時間)のニューヨーク公演を皮切りに、待望のワールドツアー「District 9:Unlock」をスタートした。

コンサート開催直前、ABCの看板トークショー「Live with Kelly and Ryan」と、FOX5チャンネルの「Good Day New York」のスタジオに招待され、注目を集めた。ファンは早朝から「Good Day New York」の生放送の観覧を行うために撮影現場に行列を作り、ビルの周りでStray Kidsを待つなど、情熱を見せた。

3月18日には、日本でデビューベストアルバム「SKZ2020」を発売する予定だ。1月31日に先行公開した「My Pace Japanese ver.」は公開当日、「LINE MUSIC」デイリーランキング1位を獲得した。日本でもデビュー前から大成功の兆しを見せた。

Stray Kidsに続き、2019年2月にデビューしたITZYは、JYPガールズグループの“不敗神話”見事受け継いでいる。

昨年11月に開催された海外ショーケースツアー「ITZY PREMIERE SHOWCASE TOUR ITZY?ITZY!」では、世界11地域で現地ファンを熱狂させた。Stray Kidsがニューヨークをはじめ、アメリカツアーに突入したことに続き、ITZYは1月26日に海外ショーケースツアーのアメリカ公演を盛況裏に終了した。

公演を終えた後、FOX5「Good Day New York」に出演した。同番組にK-POPガールズグループが出演したことはITZYが初めてだった。

また、デビューからわずか11日で地上波の音楽番組で1位を獲得し、ガールズグループの1位獲得最短記録を打ち立てた。

デビュー曲「違う違う」のミュージックビデオは、公開からわずか24時間で再生回数1000万回を突破し、57日で1億回を突破したのは、ITZYが初めてだった。

ガールズグループの歴史を更新し続けているITZYと、次世代のK-POP界を代表するグループに浮上したStray Kidsが率いるJYPの2020年にさらなる期待が寄せられている。

記者 : キム・ウネ