イ・ビョンホン&クァク・ドウォン&イ・ヒジュン、存在感際立つグラビアを公開(動画あり)

TVREPORT |

写真=「W KOREA」
映画「南山の部長たち」に出演した、イ・ビョンホン、クァク・ドウォン、イ・ヒジュンの存在感がカメラの前で輝いた。

マガジン「W KOREA」は「南山の部長たち」で共演した俳優3人のグラビアを公開した。グラビアの中の3人の姿からは、ただ立っているだけでも存在感が感じられる。このグラビアには、忠誠心のある犬種として有名なドーベルマンが一緒に登場し、映画の“忠誠競争”を象徴するグラビアのコンセプトをそのまま表現した。

共に公開されたイ・ビョンホンの単独グラビアでは、眼差しだけで全てを語る彼の深い表情が視線を引きつける。

3人の俳優が熱演を披露した「南山の部長たち」は1979年、第二の権力者と呼ばれていた中央情報部長(イ・ビョンホン)が、大韓民国の大統領暗殺事件を起こすまでの40日間の物語を描いた映画だ。

イ・ビョンホンはこの映画で、憲法の上にあった中央情報部の部長キム・ギュピョン役を、クァク・ドウォンは一時中央情報部長だったが内部告発者に変わったパク・ヨンガク役を、イ・ヒジュンは大統領が国だと思い込んでいる青瓦台の警護室長クァク・サンチョン役を務め、熱演を披露した。韓国で1月22日に公開された。


※動画はクリックまたはタップで閲覧できます。

記者 : チョ・ヘリョン