「南山の部長たち」イ・ビョンホン&イ・ソンミンら、5人のキャラクター予告編を公開

OSEN |

写真=「南山の部長たち」スチールカット
映画「南山の部長たち」が強烈なキャラクター予告編を公開した。

公開前からチケット予約率1位になり、大ヒットを予告している映画「南山の部長たち」(監督:ウ・ミンホ)が本日(20日)、映画の主要人物の名台詞が盛り込まれたキャラクター予告編を公開した。

イ・ビョンホンさえ「この映画は、演技がうまい人ばかり集めておいたような感じだった」と伝えるほど、信じて見る韓国の名俳優らが大勢出演する映画「南山の部長たち」が、完璧な演技を披露する俳優らの姿を収めたキャラクター予告編を公開した。

公開された映像には、中央情報部長キム・ギュピョン(イ・ビョンホン)、パク・ジョンヒ大統領(イ・ソンミン)、元中央情報部長パク・ヨンガク(クァク・ドウォン)、警護室長クァク・サンチョン(イ・ヒジュン)、ロビイストのテボラ・シム(キム・ソジン)の姿が盛り込まれた。俳優一人ひとりが聞き逃せない名台詞を披露するキャラクター予告編からは、5人の人物と俳優らの高いシンクロ率を確認することができる。また「南山の部長たち」が、これまで披露したコンテンツとは少し異なる未公開画像も入っており、映画を待ち望んでいる観客を喜ばせている。

「南山の部長たち」はR-15指定を受けただけに、韓国の正月連休に家族と一緒に観ようとする大勢の観客がチケットを予約している。「南山の部長たち」は1979年、第二の権力者と呼ばれていた中央情報部長(イ・ビョンホン)が、韓国大統領暗殺事件を起こすまでの40日間のストーリーを描く映画だ。各試写会で大反響を呼び、作品性と興行性の両方を掴んだ2020年初の映画として注目されている。正月連休に大ヒットが期待される「南山の部長たち」は、韓国で1月22日に公開される。

記者 : パク・パンソク