アン・ジェヒョン&オ・ヨンソら「瑕疵ある人間たち」放送終了の感想を伝える“幸せだった”

Newsen |

写真=A Story
アン・ジェヒョンらが「瑕疵ある人間たち」放送終了の感想を伝えた。

16日に韓国でMBC水木ドラマ「瑕疵ある人間たち」が最終回を迎え、俳優アン・ジェヒョン、女優オ・ヨンソなど出演者たちが感想を語った。

オ・ヨンソは「長い間一緒にいただけに、さらに切ない作品だった。家族のような俳優たちとスタッフの皆さんのおかげで温かい記憶がたくさん残る作品になると思う」とし「今までドラマをご覧になり、応援してくださった視聴者の皆さんに本当に感謝している」という言葉で愛情のこもった放送終了の感想を伝えた。

アン・ジェヒョンも「『瑕疵ある人間たち』を愛してくださった視聴者の皆さんに感謝している。良い方々と一緒に作業することができて光栄だった」とし「去年の夏から現場で一緒に汗を流して苦労された俳優の皆さん、そして僕が演技に集中できるようそばで助けてくれた監督やスタッフの皆さんのおかげで最後までよく終えることができた」と感謝を伝えた。

女優キム・スルギは「ミギョンとして視聴者の皆さんに挨拶できて嬉しくて幸せだった。現場で気楽に演技することができるようにしてくださった監督とスタッフの皆さん、良い文章を送ってくださった脚本家さんに感謝している。和気藹々とした現場がとても懐かしくなると思う」とし「そしてこのドラマをご覧になり、応援してくださった視聴者の皆さんにも心より感謝する」と視聴者への感謝の挨拶で放送終了の感想を終えた。

俳優クウォンは「ドラマを見てくれた誰かにとっては小さな慰めになったと思う。それを望んでいる」と語り「いろいろと慰めになる作品として記憶したい。共に頑張った皆さん、本当にお疲れ様でした。光栄でした」という言葉で「瑕疵ある人間たち」への愛情を示した。

俳優ホ・ジョンミンも「いつも情熱あふれる監督とスタッフ、そして撮影現場でいつも愉快にお互いに配慮してくれた同僚たちのおかげで、撮影現場に行くのがいつも楽しかった」とし「また、このドラマをご覧になり、関心を持ってくださった視聴者の皆さんは、僕たちにも大きな力になった。最後まで本番死守(本放送を見ること)してくださって感謝している」と語った。

記者 : ペ・ヒョジュ