アン・ジェヒョン&オ・ヨンソ主演、ドラマ「欠点ある人間たち(原題)」3月19日より衛星劇場にて日本初放送が決定!

KSTYLE |

(C)2019MBC
1月16日に韓国で最終回を迎えたラブコメディ「欠点ある人間たち(原題)」が、3月19日(木)からCS放送局「衛星劇場」で日本初放送することが決定した。

本作は、「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」「シンデレラと4人の騎士<ナイト>」のアン・ジェヒョンが、「猟奇的な彼女」「花遊記<ファユギ>」のオ・ヨンソと共演した話題作で、外見に執着過ぎるイケメン財閥三世とイケメン嫌悪症の女性が繰り広げるラブコメディだ。

■放送情報
「欠点ある人間たち(原題)」
3月19日(木)より日本初放送!
毎週(木) 午後11:00~深1:30 ※2話連続放送

2019年/韓国MBC/全16話
演出:オ・ジンソク
脚本:アン・シンユ
出演:アン・ジェヒョン、オ・ヨンソ、クウォン、キム・スルギ、ホ・ジョンミン

<ストーリー>
母親の再婚により、幼い頃にイケメン2人の兄ができ、さらにイケメン過ぎる弟まで産まれて育ったソヨン。彼女には「美しいもの=いいもの」という認識が植えつけられていたが、突然の事故で両親が亡くなると、兄弟たちの自由奔放な恋愛に振り回され、ついには“イケメン嫌い”になってしまう。そんな彼女の前にこれまた非の打ち所のないイケメン、ガンウが現れる。実はガンウは中学時代の同級生で、15年前ソヨンにデブでブサイクだからという理由でフラれていた。そのストレスでガンウは急性腸炎となり、よりによって修学旅行のバスで下痢をしてしまう。屈辱的すぎる出来事から逃げるようにアメリカへ留学した彼は、死ぬ気でダイエットし、イケメンとして生まれ変わると“外見に執着過ぎる男”へと変貌。しかし15年前のトラウマのせいで過敏性腸症候群と、重度の潔癖症になってしまった。ガンウは15年前の呪縛を解くためにソヨンに会いにくるのだが……。

■関連サイト
衛星劇場ホームページ:https://www.eigeki.com/special/lovewithflaws

記者 : Kstyle編集部