ユンナ、防弾少年団 RMとの親交を語る「私のファンだと言ってくれて…」

TVREPORT |

写真=KBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」放送画面キャプチャー
ニューアルバム「UNSTABLE MINDSET」で帰ってきた歌手のユンナが防弾少年団のRMと新曲制作をすることになった過程を明らかにした。

韓国で10日に放送されたKBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」には、今月6日にミニアルバムを発表したユンナが出演し、アルバムの制作過程について語った。何よりも今回のアルバムには、彼女の熱烈なファンで知られているRMがタイトル曲「WINTER FLOWER(雪中梅)」に参加したことが知られ、関心を集めた。

MCのユ・ヒヨルも「新しいアルバムにユンナのファンである方がフィーチャリングで参加したそうだ」と関心を示し、ユンナは「防弾少年団のRMと一緒だった。ラップをし、ラップメイキングもした。歌詞も一緒に書いた」と説明した。

ユ・ヒヨルが二人の出会いについて知りたがるとユンナは「これまで放送局を行き来しながら見て、お互いに励まし合った関係だ。『いつかコラボレーションできるといいね』という話をしたが、もうできそうにないと思っていたところだった。しかし素敵な曲に出会えて提案をしたら、快く受諾してくれた」と答えた。

また、RMが自身のファンであることについて「ファンだとずっと話してくれた。私の歌の中で、『22番目の道』を聞いてとても慰められたと言ってくれた。ユ・ヒヨル先輩が書いた『楽みたい』が収録されたアルバムが一番好きだそうだ」と伝えた。これにユ・ヒヨルは満面の笑みを浮かべた。

制作過程についてユンナは「(RMが)とても忙しく、お互いの時間調整が難しかったので、会って作業することはできなかった。なので、曲に関する長文のメールを書いた。曲の世界観を説明し、『このような内容を盛り込みたい』という内容を入れてメールを送った。忙しいので読めないのではないかと思ったが、翌日すぐにメールで長文の返事をもらった。上手くいっている人にはやはり全部理由がある」と話した。

ユンナ、ニューアルバム「UNSTABLE MINDSET」で防弾少年団 RMとのコラボが実現“お互いに褒め合った”

ユンナ、防弾少年団 RMとのコラボが決定…ニューアルバムのトラックリストを公開

記者 : チョ・ヘリョン