「ドクター探偵」ポン・テギュ、スリル満点のエンディング…興味津々な展開を予告

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「ドクター探偵」放送画面キャプチャー
ポン・テギュがスリル満点のエンディングを飾った。

21日に韓国で放送されたSBS水木ドラマ「ドクター探偵」(脚本:ソン・ユニ、演出:パク・ジュヌ)第11話で、ホ・ミンギ役のポン・テギュは暖かい人間味からジーニアスなセクシーさまでアピールし、視聴者たちの心を捉えた。

この日、ホ・ミンギは自身たちを騙してきたコ先生(イ・ヨンソク)を許してあげた。コ先生はお金が入った封筒を持って会議室に現れ「UDCが秘密裏に進行していることを、僕が全部モ・ソングク(チェ・グァンイル)に報告した」とチーム員たちに告白して驚かせた。

他のチーム員たちは衝撃を受けて怒りを感じたが、ホ・ミンギは違った。ミンギは神経補助剤とお金が入った封筒をコ先生に渡し、自身のお父さんも病気でお金が必要だったと彼を慰めた。

ポン・テギュは「ドクター探偵」で、爆発する怒りと涙の演技で人生演技を披露した中、第11話では怒りが多い普段の姿ではなく、自身たちを今まで騙したコ先生を理解する人間味を披露して視聴者たちに感動を与えた。

また、ホ・ミンギは永登浦(ヨンドゥンポ)ホームレスセンターで死んだホームレスのキム・ヨンドクさんの死を調べるためにホームレスたちの心を得ようとした。最初には心を開かなかったホームレスたちを、お酒と図々しい愛嬌で説得するのに成功したホ・ミンギは、キム・ヨンドクさんの席で「TLが僕を殺すだろう」というコメントを発見し、決定的な手がかりで状況を逆転させた。

特に最後のエンディングで、ホ・ミンギは「僕がホームレスセンターで決定的な証拠を見つけた。キム・ヨンドクさんは殺されたはずだ」と伝え、劇の決定的な証拠と共に興味津々な展開を予告した。

毎話、人生演技を更新しているポン・テギュは今回にも暖かい人間味から人を説得するセンス、探偵に負けないジーニアスな姿まで披露してドラマの流れをリードし、彼がまた見せる演技に対する期待感を高めた。

「ドクター探偵」は韓国で毎週水曜日と木曜日の午後10時に放送される。

記者 : クォン・ヘミ