放送開始「太陽の季節」オ・チャンソク、ユン・ソイとの運命は…チェ・ソンジェ登場で今後の展開に注目

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「太陽の季節」放送画面キャプチャー
「太陽の季節」でオ・チャンソクがユン・ソイにプロポーズした。

韓国で3日に初放送されたKBS 2TV「太陽の季節」では、テヤン(オ・チャンソク)が長く付き合ってきた恋人シウォル(ユン・ソイ)にプロポーズをするシーンが描かれた。

会計士のテヤンがヤンジグループの監査に乗り出した中、シウォルが関心を見せた。シウォルはヤンジグループ副会長の秘書として働いていた。

破産が有力だというテヤンに、シウォルは不安になった。テヤンは「早く僕の嫁になればいいんだ」と笑った。

シウォルが「私に屋根部屋に住めって? 夏は暑いし、冬は寒いのに?」と愚痴を言うとテヤンは「シベリアの野原にテントを張って住んでも僕だけいればいいと言ってたくせに」と話した。

そしてテヤンが「じゃあ、夏には涼しく、冬には暖かい家を買ったらすぐに僕の嫁になってくれるんだよね?」と聞くと、シウォルは快く同意した。

すぐに新居を構えたテヤンは「夏には涼しく、冬には暖かい家を構えたから結婚しよう。結婚したら会社を辞めて君の好きな勉強をして。教授になるのが君の夢だったでしょう」とプロポーズした。

シウォルは一体いつ頃の話をしているのかと断ったが、テヤンは「僕のサポートで自分の勉強を諦めたこと、知ってる。これからは僕が君のサポートをする。だからこれからは勉強に専念して」と優しく話した。

しかし彼らの関係は、第3者の登場で最初からギクシャクした。ヤンジグループの後継者であるグァンイル(チェ・ソンジェ)がシウォルに執着したことが発端だ。

さらにテヤンはヤンジグループの監査を行ったと言う理由で上に叱られた。テヤンの上司は「君をクビにしなさいと言う専務をやっと止めた。撤収しなさい」と命令した。

テヤンとシウォルの運命はどうなるのか、「太陽の季節」の幕が上がった。

記者 : イ・ヘミ