宮脇咲良ら所属IZ*ONE、ついに韓国でデビュー!「ロールモデルは少女時代」(総合)

OSEN |

「PRODUCE48」の少女たちがついにデビューした。IZ*ONEの12人のメンバーたちが、華やかで情熱的な“レッド”コンセプトでステージに上がった。綺麗で華やかなバラのように咲き始めたIZ*ONE。

IZ*ONEは本日(29日)午後4時から、ソウル松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園オリンピックホールで、デビューアルバム「COLOR*IZ」発売記念記者懇談会を開催した。この日、IZ*ONEは初めて世間に挨拶する場であるだけに緊張した様子だったが、ニューアルバムについて紹介しながらデビューの意味を伝えた。

まず、チャン・ウォニョンは「デビューアルバムの準備で忙しい日々を過ごした。ジャケット撮影、Mnetのリアリティ番組など、新しいことを経験してみて楽しかった」と、「PRODUCE48」終了後の近況を伝えた。宮脇咲良は「宿舎で暮らしているけど、もっと仲良くなれて楽しくやっている」と付け加えた。

IZ*ONEは8月、ケーブルチャンネルMnet「PRODUCE48」を通じて、国民プロデューサーが選抜したガールズグループだ。チャン・ウォニョン、宮脇咲良、チョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジン、矢吹奈子、クォン・ウンビ、カン・ヘウォン、本田仁美、キム・チェウォン、キム・ミンジュ、イ・チェヨンで構成された。

センターになったチャン・ウォニョンは「本当にありがたいポジションであるだけに、責任感を感じているのも事実だ。グループに迷惑にならないように、またグループが与える重さを分かるチャン・ウォニョンになる」と覚悟を表した。

グループ名のIZ*ONEは「12(IZ)種類のカラーを持つそれぞれの星が、1つ(ONE)になるように、メンバー全員が1つになる瞬間」という意味で、グローバルファンの公募を受けて採用された。2年6ヶ月間、グローバルアイドルとして活動する予定だ。

カン・ヘウォンは、デビューの夢を叶えたことに対して「まだデビューの実感が沸かない。一生懸命にデビューを準備したけど、ついに夢を叶えることができて幸せだ」と語った。

イ・チェヨンも「(メンバーたちと)ここで止まらず、一生懸命に努力して良い姿をたくさんお見せしようと話した。IZ*ONEのメンバーとして、責任感がより生まれた」と伝えた。

IZ*ONEのデビューアルバム「COLOR*IZ」は、「色をつける」という意味を持つ「COLOR*IZ」と同じ発音を用いたタイトルで、IZ*ONEの情熱を最もよく表すことができるカラーである“レッド(RED)”を中心に表現し、そのレッドを最も美しく情熱的に表現できる“バラ(ROSE)”をコンセプトにアルバムを構成した。デビューアルバムに対するIZ*ONEメンバーたちの、大切な夢とあふれる情熱を見せている。

タイトル曲「La Vie en Rose」は、初めて公開されるIZ*ONEの魅力を詰め込んだ曲で、パワフルで中毒性強いリフレーンが印象的だ。フランス語で「バラ色の人生」という意味のタイトルのように、IZ*ONEの情熱であなたと私、そして私たちの人生をバラ色に染めるというメッセージを込めている。

メンバーたちはこの日、「La Vie en Rose」のステージを初めて公開した。「PRODUCE48」以来、着実に積み上げてきた実力の集合体だった。美しい群舞も視線を集めた。

アン・ユジンは「『La Vie en Rose』が最初のタイトル曲でもあり、フランス語で“バラ色の人生”という意味を持っている。皆様に“バラ色の人生”をプレゼントしたいと思っているので、どうしてもこの曲に1番愛着が湧く」とし、デビュー曲に対する愛情を表した。

キム・ミンジュも「最初に『La Vie en Rose』を聴いて、歌が本当に良いと思った。メンバー同士では、歌が良いので誰よりも見事にこなそうと誓いながら練習した」とし、デビュー曲でIZ*ONEの存在感をアピールしたいと話した。

「La Vie en Rose」のほかにも、今回のアルバムにはIZ*ONEのアイデンティティを最もよく表現している象徴的な曲「美しい色」、初めて感じた愛をティーン・ダンスジャンルで可愛く表現した「O'My!」、雄壮な編曲と共に、メンバーたちに暖かい感性を伝達した童話のような曲「秘密の時間」が収録された。

ここに「PRODUCE 48」を通じて披露した競演曲「これからよろしくね(IZ*ONE ver.)」「好きになっちゃうだろう?(IZ*ONE ver.)」「夢を見る間(IZ*ONE ver.)」が、すべてIZ*ONEバージョンで再誕生して今回のアルバムに収録され、CDだけに収録されるスペシャルトラック「PICK ME」(IZ*ONE ver.)までの計8曲が「COLOR*IZ」に収録された。まさにIZ*ONEの多彩なカラーを収めたアルバムだ。

ロールモデルに対する質問もあった。IZ*ONEは少女時代をロールモデルとして挙げた。チェ・イェナは「現在活動している先輩たちが本当に素晴らしいので、学びたい方々も多いけれど、1組だけを選ばなければならないとしたら、少女時代先輩だ。どんなコンセプトもカッコよくこなすグループなので、私たちのロールモデルになるんじゃないかと思う」と明かした。

IZ*ONEのデビュー後、11月からはEXOをはじめ、TWICE、Wanna Oneまでそうそうたる歌手たちのカムバック予定も目白押しだ。これに対して、イ・チェヨンは「たくさんの先輩たちと一緒に活動すること自体が光栄だ。先輩たちを見習って、たくさん学べるように努力する」と語った。

チョ・ユリは「I.O.I、Wanna One先輩がいたからこそ私たちもいられると思う。素晴らしい先輩たちに継ぐ素晴らしい後輩になるために、私たちも努力しなければならないと思う」と抱負を明かした。

「プロデュース101」のI.O.IとWanna Oneに続き、国民プロデューサーたちのピック(PICK)で選択されたガールズグループIZ*ONE。日韓両国の注目を集める“レジェンド級”のデビューであるだけに、ロールモデルの少女時代に継ぐガールズグループになれるか注目したい。

IZ*ONEはこの日午後6時、デビューアルバム「COLOR*IZ」をリリースし、午後8時からソウルオリンピック公演オリンピックホールにてデビューショーコンを開催する。

IZ*ONE 宮脇咲良&本田仁美&矢吹奈子、韓国デビューの心境を語る「日本ファンが…」

【PHOTO】IZ*ONE、1stミニアルバム「COLOR*IZ」ショーケースを開催“ついに夢のデビュー”

記者 : ソン・ミギョン