防弾少年団、7人の新たな決意も…文化勲章受賞に感激「心臓が爆発しそう」

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が最年少文化勲章を受けて、それぞれの思いを語った。

防弾少年団は24日、ソウル松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園オリンピックホールで開かれた「2018大韓民国大衆文化芸術賞授賞式」で、花冠文化勲章を受賞した。

キム・ナムジュン(RM)、キム・ソクジン(ジン)、キム・テヒョン(V)、ミン・ユンギ(SUGA)、パク・ジミン(ジミン)、チョン・ジョングク(ジョングク)、チョン・ホソク(J-HOPE)は自身の本名で堂々と胸に勲章をつけた。

RMは「本当にありがたい。防弾少年団のリーダーであるため、心境を語るのを引き受けていたが、今日はメンバーたちに任せる。すべてのARMY(防弾少年団のファン)にこの栄光を捧げる」と語った。

写真=OSEN DB
ジンは「勲章を(いただいて)本当にありがとうございます。僕たちは海外にたくさん出ていくけど、たくさんの方々が韓国語で曲を歌って勉強したとアピールしてくれる。嬉しかった。文化をたくさん知らせたい」

Vは「よくわからない。この心の中にあるこの気持ちをどう表現すればいいかわからない。家族が僕を誇らしく思うと思う。うまく表現はできないけど、ファンたちに本当に感謝しているし、愛している。すべての方々に良い日ばかりが訪れますように」

SUGAは「家紋の栄光だ。今年たくさんのことがあった。勲章は大きな栄光だ。韓国代表になった思いで、大韓民国を全世界に広く知らせたい」と伝えた。

ジミンは「心臓が爆発しそうだ。この賞はメンバーたちと事務所の方々、スタッフの皆さんと一緒に作り、意味が大きいことをもう一度物語っているように思う。一緒にいてくれる皆さんに感謝したい。尊敬する先輩たちにお会いできて光栄だ。良い影響をたくさんの方々に与えられるように努力する」

末っ子のジョングクは「尊敬する先輩方と一緒に受賞できて光栄だ。僕たちにはまだ身に余る賞だ。これからもっと努力しなさいという意味でくださったのだと思って、感謝する気持ちだ。いつも応援して信頼してくれるARMYの皆さん、家族、パン・シヒョク代表、ありがとうございます。世界各地で韓国の文化を知らせることに貢献したい」

J-HOPEは「大衆文化の希望になっているようで幸せでありがたい。勲章は軽くない。多くのスタッフの苦労や防弾少年団の血と汗、全世界のARMYの皆さんの歓声が詰め込まれている重みのある賞だ。大衆文化の希望になってカッコよく活動していく」と言いながらポーズを決め、拍手喝采を受けた。

文化体育観光部は防弾少年団の功績に対して「韓国活動はもちろん、日本とアメリカを始めとする海外音楽市場で認められ、韓流の発展に貢献した。メンバーのほとんどが作詞・作曲能力を備えているシンガーソングアイドルだ」と評価した。

【PHOTO】防弾少年団「2018大韓民国大衆文化芸術賞」に参加…各メンバーが感想語る

【PHOTO】防弾少年団「2018大韓民国大衆文化芸術賞」授賞式のレッドカーペットに登場

防弾少年団「文化勲章」受賞を控え、52日ぶりに帰国…ユニークなTシャツも話題に

記者 : パク・ソヨン