SEVENTEEN スングァン&ドギョム&ホシ、カラオケでライブ披露…100点のミッションは成功なるか?(動画あり)

OSEN |

写真=「V LIVE」放送画面キャプチャー
SEVENTEENの“プソクスン(スングァン、ドギョム、ホシ)”がコインカラオケに出撃した。

SEVENTEENのプソクスンが24日午後、NAVER「V LIVE」で放送された「コインカラオケとSEVENTEEN プソクスン」を通じて、優れた歌唱力と華やかなトークセンスを証明した。

プソクスンは曲を歌って100点を出したら、新曲「Just Do It」のステージを披露することができることになった。スングァンは「カラオケは楽しむことが重要だ」と意志を燃やした。

まずドギョムがDEANの「D」を歌った。ドギョムは甘い声でファンの耳を一気に捉えた。ここにホシとスングァンのラップまで加わった。しかし点数は87点で、メンバーたちは「機械がおかしい」と冗談を言った。

続けて、スングァンがAileeの「見せてあげる」を熱唱した。スングァンは高音を軽々とこなし、感心を誘った。それでも100点を取ることは容易ではなかった。

次はホシがパク・ウォンの「All of my life」を選曲した。ホシは、落ち着いた雰囲気で歌を歌ったが、急にメンバーたちが曲をディスコバージョンに変えた。これにプソクスンは全員で一緒にダンスを踊りながら、楽しく遊び始めた。

プソクスンは「生きていてこのようなカラオケは初めてだ。とても面白い」と喜んだ。しかし、いつまでたっても100点に届かず、ミッション成功の範囲を60点に下げた。

プソクスンが次に選択した曲はパク・ジニョンの「Swing Baby」だった。プソクスンは才能を発散しながら雰囲気を盛り上げた。これでプソクスンは85点を獲得し、「Just Do It」のステージを披露することができることになった。

最後にプソクスンはスーツに着替えた後、幻想的な「Just Do It」のステージを披露した。3人の非の打ち所がないパフォーマンスは、ファンたちに幸せな土曜日の夜をプレゼントした。

21日に発売されたプソクスンの「Just Do It」は、中毒性の強いギターリフが印象的な曲で、彼らの魅力があふれる曲だ。

記者 : キム・ウネ