Vol.5 ― UP10TION シャオ、ウシン「My name is...」

10asia |

My Name is シャオ。
中国語で“小さい”という意味だ。また別の意味には“末っ子”と“笑い”がある。本名はイ・ドンヨルで、漢字では東のドン(東)に熱いヨル(熱)と書く。“東を輝かせる”という意味だと思う。言葉が訛っている理由は、釜山(プサン)出身だからだ(笑)

幼い頃からステージに立ったり
関心を受けることが好きだった。テレビでTEENTOP兄さんたちや他の先輩たちのステージを見ながら「僕もあんな風に多くの人に愛されたい」と思った。それで一人でダンスを踊ってみたり、コミュニティ活動をして、そこに自分の写真を掲載したことがある。(メンバーたち:“オルチャン(ネットで話題の美男美女)!?”) 違う! 歌手志望生のコミュニティに写真を掲載したが、それがきっかけでスカウトされて事務所に入るようになった。

デビューショーケースの時
母と父、そしてファンたちが見に来てくれて、すごく嬉しかった。ショーケースが終わってからインターネットで検索してみたら、僕たちの姿が出てきてとても不思議だった。ただ、夢のようだった。今はデビューしたことを少し実感しているが、まだ少し……1位になれたら実感が湧くと思う。(メンバーたち:お~!)

グループでの役割は
末っ子だ。 (メンバーたち:可愛さ、子犬の役割も担当している! ファンヒ:僕も同じ1998年生まれの最年少だけど、僕がシャオに譲った(一同笑)) 宿舎で僕はジンフ兄さんの世話をする役割を担当している。ジンフ兄さんの洗濯を僕がして(一同爆笑)、ジンフ兄さんが散らかしておいたものを僕が片づける。 (ジンフ:物干しが僕のものじゃん~洗剤は僕が買ってあげるじゃん~) とにかく、そんな役割を担当している。 (ジンフ:金銭的な部分を僕が負担するから僕は父親で、自分は洗濯などをするから母親だと言っている。ウェイ:2人は2段ベッドを使っていて、その間の関係がそうだ(笑))

休みの日は外に出て遊ぶのが好きだ。
仁川(インチョン)にいとこが住んでいて、友達と遊びに行ったり、一日だけ釜山に行ってくることもある。スケジュールを終えてから行ってきたこともある。 (ジンフ:シャオに「今日、(釜山に)行かなくちゃいけません」と言われると。ソンユル:僕たちは「分かった。楽しんできて~」と言う)

TEENTOP先輩たちを尊敬する。
初めてダンスを見て練習したのがTEENTOP先輩のステージだった。先輩たちの映像をたくさん見て真似した。そして、神話(SHINHWA)先輩も尊敬している。アンディ隊長、最高!

シャオを表現する3つの単語は
“末っ子”と“ヒョトゥンテンイ(舌デブ)”、そして“人間ビタミン”だ!(笑)

やあ、シャオ。
デビューしてから今まで上手くやっていると思う。10人のメンバー全員が喧嘩せず、力を合わせて頑張って必ず1位を獲得しよう。そして、神話先輩たちのように長く活動する歌手になろう。いつかカッコいい車を買って、10人で一緒に遊びに行こう!(一同笑)

My Name is ウシン。
時間が経つほど神秘的な人になりなさいという意味だ。デビューの時につけてもらった名前だ。本名はキム・ウソク。困った人に手を差し伸べ、優しさを施しなさいという意味が込められている。分け合う性格なのかと聞かれると……(笑) (クン:所有欲が強い奴だ) 食べ物やプレゼントにおいては分け合うのが好きだ (ジンフ:メンバーたちの誕生日に一番気を使う。仲間には本当に気を配る方だ) 人に対しては所有欲が強い方だ。メンバーたちは皆好きだ。

ウェイのように歌手になろうと思って練習したわけではない。
最後まで悩んでいた時に、TEENTOP先輩たちのステージでダンサーとして踊る機会があった。その時にファンたちの歓声を聞いて「この仕事が僕の仕事なんだ」と思った。僕がカッコいいと思った時は、ファンの前に立った時だ。愛されている感じがする。愛された時に自らカッコいいと思うようになるようだ。

グループでは赤い髪を担当している。
1枚目、2枚目のミニアルバムの活動の時に赤い髪だった。次は何色にするのかまだ決めていない。3枚目の時も赤い髪にしようかな?(笑) 宿舎では一人で部屋を使っている。もともとギュジンと一緒に使っていたが、夏の時に熱くて他の部屋で寝て、ギュジンも他の部屋で寝るようになった。冬になって僕は僕たちの部屋に戻ったけど、ギュジンは戻ってこなかった。だから今は一人で部屋を使っている。すごく楽だ。 (クン:近いうちに宿舎で部屋を変える予定だ) でも、一緒に使っても構わない。

故郷が大田(テジョン)だから
友達がソウルにあまりいないので、ソウルで休む時はただ寝ている。それ以外の時間には映画を見る。ウェイのように映画館に行くのはあまり好きではないので、家でVODを見る。 (ウェイ:家で映画を見るたびに僕が「映画は映画館で見ないと」と言う)

尊敬しているアーティストは
パク・ヒョシン先輩だ。中学1、2年生から好きだった。最初は他の歌手が好きだったけど、親友がパク・ヒョシン先輩が好きで、一緒にいたら動画を見るようになった。だから僕も大ファンになって一緒に動画を探して見たりした。歌手という仕事に関心を持たせてくださった方だ。「Gift」が一番好きだ。先輩の曲の中でよく歌う曲は……僕は先輩の曲は歌わない。ただ聞いて喜ぶ。尊敬している。

ウシンを表現する3つの単語は
“赤い髪”……(しばらくの間悩んでいる様子) 何があるかな? (メンバー一同:ビジュアル!、シャオ:絵描き! 絵が本当に上手い!)

生きることは
塞翁が馬(人間の禍福は日々変化するので、予測することはできないものだ、という意味の諺)だ。辛いことがあっても頑張れ! ファイト!

記者 : イ・ジョンファ、写真 : ク・ヘジョン、翻訳 : ナ・ウンジョン、チェ・ユンジョン