2AM チャンミン&8eight イ・ヒョン“Homme”が3年ぶりに帰ってきた!ミニアルバム「Pour les femmes」を全曲紹介!

Kstyle |

夏を代表するデュオHommeが帰ってきた。2011年7月、「男だから笑うよ」の発売から、ちょうど3年ぶりだ。 2010年の夏、イ・ヒョン(8eight) とチャンミン(2AM) が初めてタッグを組んだ“Homme”は「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」と「男だから笑うよ」を相次いでヒットさせて、最強男性デュエットとして地位を確保した。2人の男は、7月23日「女性のために」という意味のミニアルバム「Pour les femmes」を発売し、再び夏を攻略する。
Fly To The Sky、K.Willの活動で始まった「歌の上手なお兄さんたち」の活躍はHommeのカムバックを通じて頂点を獲るだろう。
「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」と「男だから笑うよ」に続き、新曲「It Girl」で連続ホームランを放つ彼らを期待してみる。

今回、KstyleではHommeの3年ぶりとなる待望のミニアルバム「Pour les femmes」。Hommeの2人が直接した全曲紹介をお届けする。

【プレゼント】HOMMEイ・ヒョン&チャンミンから動画コメント到着!直筆サイン入りチェキを2名様

1.Luv Star

2AMのアルバムにも自作曲を収録したチャンミンが共同で作詞に参加した曲。

Homme:僕たちのセクシーな歌声を堪能できる曲。ネオ・ソウル(Neo Soul) 風のリズムと、けだるいグルーヴが僕らの声とよく調和している。耳をくすぐるB3オルガンの演奏が退屈させることなく響き渡り、「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」「男だから笑うよ」のように清々しく張り上げるHommeの歌に慣れている人には新鮮さを感じることができるだろう。


2.It Girl

歌唱力においてはこれ以上の説明が必要ないイ・ヒョンとチャンミンのクールな声を鑑賞することができる。二人の声は、エキサイティングな卓球の試合を繰り広げるようにやり取りして、完璧に調和する。

Homme:3年ぶりにカムバックしたHommeのタイトル曲で夏の暑さを吹き飛ばす軽快なリズムを身にまとった。2AM、ホ・ガクの作業で有名なノヌンオリニ(遊ぶ子供)、ファングムドゥヒョン(キム・ドゥヒョン) が共同で作曲した歌だ。「女性のために」というアルバム名の「Pour les femmes」にふさわしく、美しい女性への敬意を込めている。理想のタイプを見つけた男の震える心を表現するために洗練された感じよりは、躍動感あふれるサウンドを追求したのが特徴!




3.君が恋しいわけない

「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」からHommeと作業をしてきた作曲家パン・シヒョクが直接プロデュースした曲。

Homme:ORANGE CARAMELの「CATALLENA」とAilee「Heaven」などを作曲したイギ、ヨンベとイム・ジョンヒの「Feel So Good」を手がけたチャン・ウォンギュなど、有名作曲家たちが編曲に参加した。華麗なピアノ、オルガン演奏と豊かなコーラス、指で弾くようなリズムが調和して、ブラックゴスペルの雰囲気を演出する。ここに軽快なドラムのキックが加わって、涼しい夏の音楽に完成した。「君が恋しいわけない」は、ある日、突然思い浮かんだ別れた恋人への気持ちに当惑する男の心理を歌う。「そんなにぶつかったらもういいじゃないか。何がいいだなんてまたバカみたいなこと言って」という率直な歌詞が共感を買うことができるだろう。


4.会社帰りのデート

Homme:退社後、恋人に会いに行く胸のときめきを愉快に描いた曲で、日常に疲れたサラリーマンに活気を吹き込むエネルギードリンクのような歌だ。「一分、一秒、時計だけを見ていたようだ。退社前のある時間」「帰りのバスの中、君に会いに行く時間が好き」という歌詞で始まったばかりの恋愛のときめきを伝える。ファンキーなリズムとグルーヴ感のあるベースラインが調和し、レトロな感じを漂わせる。

記者 : Kstyle編集部