「第50回大鐘賞映画祭」昨年のような事件はなかった…“均等な受賞”(総合)

OSEN |

“第2の「王になった男」事件”は無かった。

1日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)KBSホールで「第50回大鐘賞映画祭」の授賞式が開かれ、映画「観相師」(監督:ハン・ジェリム)が最優秀作品賞を受賞した。今年、11部門でノミネートされた「観相師」は、最優秀作品賞以外にも監督賞、主演男優賞(ソン・ガンホ)、人気賞(イ・ジョンジェ)、男優助演賞(チョ・ジョンソク)、衣装賞など、主要部門でトロフィーを獲得し、6冠に輝いた。

今年12の部門にノミネートされ、最多ノミネート作になった「7番房の奇跡」は、主演男優賞(リュ・スンリョン)、シナリオ賞、企画賞、審査員特別賞(カル・ソウォン)など計4つのトロフィーを獲得し、9部門にノミネートされた「スノーピアサー」は編集賞、美術賞を、7部門にノミネートされた「新しき世界」は音楽賞を獲得した。

比較的に均等な受賞と言える。それぞれの映画が獲得したトロフィーの数に、差は大きくなく、単純に作品性や興行性の一極に偏った結果でもない。

昨年、大鐘賞映画祭は「王になった男」が15冠に輝き、議論になった。「王になった男」は当時、最優秀作品賞をはじめ監督賞、主演賞、人気賞、助演賞などを総なめにした。特に、昨年はキム・ギドク監督の「ピエタ」、チェ・ドンフン監督の「10人の泥棒たち」など話題作が多かったため、さらに反応が大きかった。

最終的に、審査員の資質まで議論の的になり、公信力に欠けているとう不名誉を被った。そのため、今年の大鐘賞映画祭はいつにも増して重要だった。今回の授賞式は異論も見られず、公平性も疑われにくいと見られる。

そんな中、いつにも増して競争の激しかった主演男優賞部門ではリュ・スンリョン(「7番房の奇跡」)、とソン・ガンホ(「観相師」)が共同受賞し、視線を引いた。主演女優賞は「悪魔は誰だ」のオム・ジョンファが獲得した。

男女助演賞はそれぞれ「観相師」のチョ・ジョンソク、「私のオオカミ少年」のチャン・ヨンナムが受賞し、映画への貢献度が認められた。

キム・スヒョンは「シークレット・ミッション」で初めて映画で新人男優賞を獲得した。新人女優賞は「悪戯」で大胆な演技を披露したソ・ウナが受賞した。「殺人の告白」のチョン・ビョンギル監督は新人監督賞を受賞し、これからの活躍を期待させた。「観相師」のイ・ジョンジェは人気賞を獲得した。

一方、今年は予選で選ばれた51本の作品のうち、21本の作品は16部門に分けられ、採点が行われた。5点から10点まで審査員の点数をあわせて平均を出した。オフラインとオンラインの審査員が別々に選ばれ、作品を審査した。

*トロフィーの数の統計:「観相師」6、「7番房の奇跡」4、「スノーピアサー」2、「ベルリンファイル」2、「シークレット・ミッション」1、「悪戯」1、「殺人の告白」1、「新しき世界」1、「ザ・タワー 超高層ビル大火災」1、「私のオオカミ少年」1、「悪魔は誰だ」1


受賞者(作)一覧

◆最優秀作品賞:「観相師」
◆監督賞:ハン・ジェリム(「観相師」)
◆シナリオ賞:イ・ファンギョン(「7番房の奇跡」)
◆主演男優賞:リュ・スンリョン(「7番房の奇跡」)、ソン・ガンホ(「観相師」)
◆主演女優賞:オム・ジョンファ(「悪魔は誰だ」)
◆男優助演賞:チョ・ジョンソク(「観相師」)
◆女優助演賞:チャン・ヨンナム(「私のオオカミ少年」)
◆新人男優賞:キム・スヒョン(「シークレット・ミッション」)
◆新人女優賞:ソ・ウナ(「悪戯」)
◆新人監督賞:チョン・ビョンギル(「殺人の告白」)
◆審査員特別賞:カル・ソウォン(「7番房の奇跡」)
◆撮影賞:チェ・ヨンハン(「ベルリンファイル」)
◆編集賞:チェ・ミニョン、キム・チャンジュ(「スノーピアサー」)
◆照明賞:キム・ソングァン(「ベルリンファイル」)
◆企画賞:「7番房の奇跡」
◆音楽賞:チョ・ヨンウク(「新しき世界」)
◆衣装賞:シン・ヒョンソプ(「観相師」)
◆美術賞:アンドレ・ナックバシル(「スノーピアサー」)
◆技術賞:ソン・スンヒョンコンピューターグラフィックアイデア(「ザ・タワー 超高層ビル大火災」)
◆ハナ金融グループ人気賞:イ・ジョンジェ(「観相師」)
◆映画発展功労者:ファン・ジョンスン、チョン・イルソン撮影監督

記者 : チェ・ナヨン