来日記念!「10人の泥棒たち」キム・スヒョンの胸キュンメイキング映像公開

KSTYLE |

アジア全域で大ヒットを記録した映画「10人の泥棒たち」のメイキング映像が公開された。

「10人の泥棒たち」は、6月22日(土)より全国2週間限定公開中で、今週末6月30日(日)には本人が来日、「10人の泥棒たち」の舞台挨拶とそのライブ・ビューイングも決定している。現在全国の上映劇場(一部を除く)にて、チケットを発売中。

今回の来日を記念して、キム・スヒョンが出演したメイキング映像が公開された。他キャストよりも一足先に出番を終えた彼は、何と自ら“カチンコ”(映画の撮影に使用する道具)係に志願。金庫破りのエキスパート“ペプシ”を演じたキム・ヘスに「帰国しないの?」と聞かれ、「明日の午前に。今はカチンコ係です」と、手に持ったカチンコを見せると、「いい子ね」と言わんばかりに、キム・ヘスに両頬を触られ、思わずニッコリと笑顔になるスヒョンの胸キュンショットが収められている。
更に、1回目に成功したカチンコに油断したのか、カチンコの数字を間違えるというハプニングも。間違えたことを監督の隣にいる記録係に伝えようとするも、キャストや監督・スタッフの真剣な雰囲気に思わず尻ごみ。記録係に間違いを伝えると、「ちゃんとやれよ」と笑って指示する監督に、思わずスヒョンも苦笑いしてしまう、現場の雰囲気の良さが垣間見えるメイキングだ。

本作で純愛に心を燃やすザンパノを見事に演じたキム・スヒョンは、初の映画出演に「これまで演技をする時は表現を考えて気負っていたけど、この映画に出てみてそう思わなくなりました。リラックスした状態だと、役の世界で遊べるようになる。俳優がその境地になると監督はOKを出すんです」と、見事に本作でザンパノという役柄を演じきった自信をのぞかせた。「雰囲気を味わい、演技も学べました。得るものが大きかったです」と、自身にとって今回の撮影は宝物のような経験だったことを語った。

6月30日(日)の来日時、撮影時を振り返ったエピソードに期待が高まる。次世代韓流スターと名高いキム・スヒョンの舞台挨拶ライブ・ビューイングチケットは現在発売中。



「10人の泥棒たち」公開情報

6月22日(土)より、TOHOシネマズ 渋谷ほか 全国2週間限定公開!
【全上映<全席指定>チケット6/1(土)より発売開始】
オフィシャルWEBサイト:http://10dorobo.jp/

配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
(C) 2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND CAPTER FILE ALL RIGHTS RESERVED.

記者 : Kstyle編集部