「偶然発見した一日」SF9 ロウン、キム・ヘユンの運命を知り混乱

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「偶然発見した一日」放送画面キャプチャー
SF9 ロウンが「ノウゼンカズラ」の中のキム・ヘユンの運命を知った。

13日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「偶然発見した一日」では、ハル(ロウン)が前作の「ノウゼンカズラ」を思い出した。「ノウゼンカズラ」で、ペクギョン(イ・ジェウク)は、王になる野望を抱いた。

ペクギョンはハルに、「ウン・タンオ(キム・ヘユン)の血で王になる」と話した。これを聞いたハルは、急いでタンオの元に向かった。ハルは、「逃げなければならない。あいつがお嬢さんを危険にさらすことになる」と警告した。しかし、タンオは怯まず、「あなたと一緒にいるべきだったら、そうする」と話した。

結局「ノウゼンカズラ」の中で、タンオは死を迎えた。ハルはこのことに気づき、チン・ミチェ(イ・テリ)の元に向かった。ミチェは「君がそんなに切なく見えるのは、ウン・タンオの最後を見たからなのか? 『ノウゼンカズラ』のように『秘密』でもあの子の最後を変えることはできない。ただ時間を流して見送れ」と忠告した。ハルは、「そんなことできない」と腹を立てた。ミチェは「君のような人を見たことがある。役割に、ストーリーに逆らおうとした人」と話した。

これに先立ってミチェは、「ノウゼンカズラ」で愛する女性を見送ったことがあるのだ。ミチェは「ウン・タンオのステージを変えたら、その話だけが変わるわけではない。ウン・タンオはそもそも君が守ることができない人だ」と話した。

記者 : キム・イェソル