チョン・セウン、ドラマ「偶然発見した一日」OSTに参加…本日公開へ

MYDAILY |

写真=STARSHIPエンターテインメント
チョン・セウンが、MBC水木ドラマ「偶然発見した一日」のOST(劇中歌)に参加した。

チョン・セウンは本日(13日)午後6時、各種音源配信サイトを通じて「偶然発見した一日」のOST PART.8「君を描く」を発表する。

新曲「君を描く」は恋に落ちた一人の男の切ない愛の物語を描いた曲で、美しいピアノの旋律と調和する弦楽器のサウンドと甘いギターサウンドが融合されて、まるで映画と絵のような音楽で表現した。

M.C The Maxの「四季(カゲロウ)」、N.Flyingの「屋上部屋」などを生み出したヒットメーカープロデュースチームAIMINGチームが作業しており、滑らかで甘いボーカルの持ち主チョン・セウンが歌った。

歌唱に参加したチョン・セウンは2017年に「JUST U」でデビューして、さまざまな音楽的才能と幅を広げ、多くの人々の愛を受けて、男性ソロ歌手としての地位を固めつつある。「BABY IT'S U」「20 SOMETHING」「Feeling」などをリリースし、精力的な音楽活動を見せてくれたチョン・セウンは、先月発表した新曲「雨が降るそう、あの日のように」で音楽番組で初めて1位になるなど、感性バラード歌手として新たな成長を見せている。

これに加えて、ドラマ「真心が届く」「キツネ嫁星」「キム秘書はいったい、なぜ?」「油っこいロマンス」などの人気ドラマのOSTを網羅し、OST界の新興強者として位置づけられた。これをもとにチョン・セウンは、彼ならではの切なくて暖かい感性をいっぱい盛り込んだ曲「君を描く」を通じて、ドラマの没頭度を一層倍増させる予定である。

「偶然発見した一日」は、女子高生ウン・タンオ(キム・ヘユン)が定められた運命を逆らって愛を叶える青春ロマンスドラマで、韓国で毎週水・木曜日の午後8時55分より韓国で放送されている。

記者 : パク・ユンジン