元Wonder Girls ソンミ、悪質なネットユーザー12人を告訴…継続的な法的対応を予告(全文)

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
元Wonder Girlsのソンミが、悪質なネットユーザーに対して法的な対応を予告した。

ソンミの所属事務所であるMAKE USエンターテインメントは28日、公式コメントを通じて「2019年10月24日、松坡(ソンパ)警察署にアーティストのソンミに対する虚偽事実の摘示、名誉毀損及び侮辱の疑いが明確な12人を相手取って、告訴状を提出しました」と伝えた。

続いて「弊社は告訴状提出と関連して、どのような合意や善処なしに民事・刑事上の法廷措置を取る予定であり、今後発生する被害事例についても、しかるべき代価を払うことができるように強硬に対応する方針です。第1次告訴状に続き、第2次追加告訴も準備しており、刑事告訴の他に民事訴訟の措置も行う予定です」とコメントした。

【MAKE USエンターテインメント 公式コメント全文】
こんにちは。MAKE USエンターテインメントです。

MAKE USエンターテインメントは2019年10月24日、松坡警察署にアーティストのソンミに対する虚偽事実の摘示、名誉毀損(情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律第70条第2項)及び侮辱(刑法第311条)の疑いが明確な12人を相手取って、告訴状を提出しました。

弊社は2019年8月9日、所属アーティストであるソンミのイメージ及び名誉を毀損する悪意のある誹謗や根拠のない虚偽事実をベースにした掲示物、及びコメントなどに対する法的対応を予告したことがあります。『ミヤネ(ファンのこと)』のファンたちの積極的な協力と監視を通じて収集した証拠資料を元に、法律代理人を通じて第1次告訴状を提出しました。

これと共に弊社は告訴状提出と関連して、どのような合意や善処なしに民事・刑事上の法廷措置を取る予定であり、今後発生する被害事例についても、しかるべき代価を払うことができるよう、強硬に対応する方針です。第1次告訴状に続き、第2次追加告訴も準備しており、刑事告訴の他に民事訴訟の措置も行う予定です。

アーティストソンミに愛情と応援を送ってくださるファンの方々に感謝の挨拶を伝え、弊社はこれからもアーティストの権益保護のために最善を尽くします。このような努力が集まり、もっと成熟して健全なインターネット文化が構築されるよう願います。ありがとうございます。

記者 : イ・イェウン