防弾少年団 ジョングクとの熱愛否定も…タトゥーショップがSNSで苦痛を吐露「毎日悪質なメッセージが来る」

Newsen |

防弾少年団のジョングクとの熱愛ハプニングに関連して、タトゥーショップが苦痛を訴えた。

13日、ジョングクとの熱愛ハプニングが起こったタトゥーイストが所属するタトゥーショップは、SNSに長文の書き込みをアップした。

まず「1日に数百件も届くメッセージです」として、悪口の入ったDM(ダイレクトメッセージ)を公開したタトゥーショップは、「昨日、多くの防弾少年団のファンの皆さんといろいろ話しました。私たちを非難し、脅迫する人々はほとんど防弾少年団のファンではないことも分かりました」と切り出した。

また「最初Big Hitエンターテインメントが言うとおり、私たちが何も言わずにじっとしているともう少し静かに済んだとは思います。しかし、もう1ヶ月も経っている今まで、毎日こんなメッセージをもらって、ショップが通報され、警察に取り調べに行ったりして、ずっと精神科の治療を受けながら夜も眠れず、お酒を飲んで過ごしていますが、これからもずっとこの生活を続けろというのですか」と話した。さらに「継続して私たちだけでなく、家族、友達、知り合いまで非難され、悪口を言われ、脅迫されるのをただ見守っていろということですか」と訴えた。

さらにタトゥーショップはBig Hitエンターテインメントにアドバイスや対処のために連絡し続けたが、満足のいく対応がされなかったと主張し、事務所に対していかなる補償も望んでいないと明かした。

また「ジョングクとの熱愛説は全くの事実無根であり、写真や映像はショップの者が流出させたものでは絶対にありません。私たちは防弾少年団やジョングクの資料を一度も掲載したこともないし、それをビジネスにする気もありません。むしろ正体すら分からない悪質な書き込みを残す人々により、一層浮き彫りになり、広まっています。彼らの行動や活動ネーム、活動地点などを数人のファンに詳しく聞かせてもらい、最大限追跡できるまでは追跡して探し出し、すべての責任を問うつもりです」と警告した。

最後に「力になってくれた防弾少年団のファンの皆さんに感謝していますし、誤解による言動に関しては心よりお詫びしたいと思います。これからの質問には答えないつもりです。気になるところも多いでしょうが、少し時間が過ぎるとBig Hitエンターテインメントとジョングクによって自然に明かされるはずだと思います。最後に、特に悪口や非難、脅迫に関しては防弾少年団のファンではなく、卑怯なクァンジョン(関心を受けたい人、という意味の新造語)の悪質な書き込みの掲載者だと思い、一切対応はしません」と宣言した。

9月17日、ネット上には防犯カメラの映像をキャプチャーしたものとみられる写真が広まった。この写真の中の人物は短い金髪の女性をバッグハグしている。写真を見たネットユーザーたちは、写真に写っている人物がジョングクではないかと主張し、熱愛説を提起した。

これを受けて防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテインメントは「現在SNSやインターネットコミュニティを中心に広がっている弊社のアーティストであるジョングクをめぐる主張は事実ではないことを明らかにする。ジョングクは今回の休暇期間中、巨済島を訪れ普段から知り合いであったタトゥースタジオや巨済島にいた知人たちと一緒に食事をし、皆でカラオケに行った。その内容が歪曲され拡散された」と、公式コメントを発表し、ジョングクの熱愛説は事実無根であると明かした。

防弾少年団 ジョングク、休暇後に突然の熱愛説が浮上…事務所が否定「法的対処をする」(全文)

防弾少年団 ジョングクと突然の熱愛説…相手女性も騒動を否定「絶対に恋人関係ではない」

記者 : パク・アルム