オ・ヘウォン、カン・ハンナに続いて観劇中のマナー違反を謝罪「より慎重に行動する」

MYDAILY |

写真=オ・ヘウォン Instagram
観劇態度に関する批判を受けた女優オ・ヘウォンが、カン・ハンナに続いて謝罪した。

オ・ヘウォンは本日(16日)午前、自身のInstagramに「まず、不快なことで心配をおかけして申し訳ない」と始め、「昨日演劇『プライド』を観覧し、私の軽率で正しくない観覧態度が、良い作品と観客にご迷惑をおかけしたことを反省している」と謝罪した。

続いて「私の無知で、多くの方々に被害を及ぼした点について謝罪する。今後は正しい観覧態度について熟知し、このようなことが発生しないよう、より慎重に行動する。もう一度、心配をおかけして申し訳ない」と重ねて謝罪した。

これに先立って前日の15日、オ・ヘウォンをはじめ、カン・ハンナ、ソン・ソックなどは、ケーブルチャンネルtvN月火ドラマ『60日、指定生存者』に一緒に出演した俳優キム・ジュホンを応援するため、演劇『プライド』の劇場を訪れて観覧した。

しかし、三人は笑うようなシーンではない部分で笑ったり、劇中客席に向かってカメラを向けた場面でVサインをするなどの行動をしたという声が相次いでネット上に掲載され、いわゆる“カンク”(観客クリティカル:他の観客の観覧を妨害する行為)だと指摘を受けた。

これを受けてカン・ハンナは自身のInstagramを通じて謝罪し、オ・ヘウォンも謝罪した。

【オ・ヘウォンの書き込み全文】

まず不快なことで心配をおかけして申し訳ありません。

昨日演劇「プライド」を観覧し、私の軽率で正しくない観覧態度が、良い作品と観客にご迷惑をおかけしたことを反省しています。

私の無知によって、多くの方々に被害を及ぼした点をお詫び申し上げます。

今後は適切な観覧態度について熟知し、このようなことが発生しないよう、より慎重に行動します。

もう一度、心配をおかけして申し訳ありません。

記者 : イ・イェウン