防弾少年団 ジョングク、韓国の地下鉄駅からニューヨークまで…誕生日を記念するファンのサポートが話題

Newsen |

写真=Newsen DB
防弾少年団 ジョングクが誕生日を控えて、凄まじい人気を証明した。世界中のファンたちがジョングクの誕生日を迎えてさまざまなサポートを準備している。

まず、ジョングクのファンベースである「ジョングクチャイナ」は8月26日から9月9日までの2週間に渡って、ソウル市地下鉄の全駅に575個のジョングクの誕生日祝いの映像を送出する、デジタルサイネージ・サポートを行うと明らかにした。

これに先立って「ジョングクチャイナ」は、9月1日から10月1日までの1ヶ月間、ソウル~釜山(プサン)を行き来するKTX客室全体に28個の誕生日祝い広告パネルを設置し、8月31日から9月2日まで、ニューヨーク・マンハッタンソーホービジネス地区「グリーンストリート・ソーホー通りブルーブティック」で無料展示会開催のニュースなどを伝えた。

これをはじめ、多くのファンたちがジョングクの誕生日祝いに参加した。CGV龍山(ヨンサン)IPARK店5館は8月5日から9月4日までチョン・ジョングク館に変更された。これに対して、防弾少年団の「LOVE YOURSELF」ツアーの裏話を収めた映画「BRING THE SOUL:THE MOVIE」をチョン・ジョングク館で観覧しようとするファンたちの行列が続いている。

その他にも、COEX 100mアンダーワールド・パノラマLED広告、ジョングクの故郷釜山で行われる西面(ソミョン)駅90インチのLEDデジタルサイネージ広告、釜山駅とセンタムシティ駅の地下鉄ワイド広告、カップホルダーイベント、誕生日記念寄付募金など、様々な形で9月1日のジョングクの誕生日を祝っている。

記者 : イ・ハナ