防弾少年団 ジミン、デビュー後初の長期休暇の近況を語る「まだ計画はないけど…楽しく過ごしたい」

Newsen |

写真=Newsen DB
防弾少年団がデビュー6年で初となる長期休暇を過ごしている中、ジミンがファンとコミュニケーションした。

ジミンは12日、NAVERのライブ映像配信アプリ「 V LIVE」を通じてファンと会話した。「来る前にご飯を食べてきた。起きるやいなや来たので顔が腫れた」と明らかにしたジミンは、休暇の計画を聞くファンに「僕には休暇の計画がない」と答えた。

先立って、所属事務所であるBig Hitエンターテインメントは12日、公式SNSを通じて防弾少年団の初の長期休暇に関するコメントを伝えた。

事務所は「今回の長期休暇はデビュー後、休まずに頑張ってきた防弾少年団が、ミュージシャンとして、そして創作者として新しい姿を見せるための充電の時間になると思います。短い期間ですが、平凡な20代の青年として、日常生活を楽しむ時間でもあります」と明かした。続けて「休暇期間の間、防弾少年団はそれぞれの方法で休みを過ごす予定です。充電期間の後、より素敵な姿でファンの皆さんの愛に恩返しします」と付け加えた。

写真=「V LIVE」キャプチャー
「休暇の計画がない」と言ったジミンは「だから大変だ。二日前も聞いたのが休暇のためではないが、僕はいつも何か一人でいると別にやることがなくなってしまう。それで無意味な時間を過ごすことが多い。歌をつけておいてタブレットPCを放っておいて。そしたら、少しミニカラオケのように僕が歌も作れるし。そんなことがある。そこで歌も歌ってみて練習もしてみて、また歩き回って冷蔵庫のドアを開けたり……そういうふうに一日が過ぎてしまう。ソファーにずっと横になったり、携帯をいじったりして時間が過ぎちゃって、まだ何をすればよいかよく分らない」と打ち明けた。

続けてジミンは「休日を最大限活用しなさい」というファンに「努力する」と答えた。また「家にいることも休みだ」という反応には「僕もそう思う。休暇が長すぎると僕とナムジュン兄さん(RM)は大変だった。今はそれほどではないけど、前は何か間違っている感じというのかな? ただ休んでいると時間を無駄にする感じがした。それで『僕たちは休みが長いとダメだろう』という話もした。今回の休暇は楽しく過ごしたい」と伝えた。

防弾少年団、映画「BRING THE SOUL:THE MOVIE」累積観客数27万人を突破…韓国で5日間のアンコール上映決定

防弾少年団、アメリカの授賞式「Teen Choice Awards」で4冠を達成…今年の最多受賞アーティストに!

写真=「V LIVE」キャプチャー

記者 : キム・ミョンミ